第20期 銀河戦
本戦Gブロック 最終戦
三浦弘行八段 vs 鈴木大介八段
対局日: 2012年4月17日
解説:広瀬章人七段
聞き手:山口恵梨子女流初段
記録:野田澤彩乃女流1級

え~っと、対局日が4月かあ もう8月だけど(^^;
あ、聞き手が山口女流だ トークが楽しみだ

平成23年度の成績は、大介は15勝15敗 三浦は23勝21敗 2人の対戦成績は三浦の10-5
大介は、豊島、タニーに勝ち 三浦は予選シード 勝ったほうが決勝トーナメント進出の一戦

解説の広瀬「大介は、豊島に勝って貫禄を示した、最近詰将棋をよく解いているらしい
 三浦は研究がすごくいきとどいている 両者終盤が得意なので、スリリングな終盤を期待したい」

先手大介で、角交換型の▲中飛車vs△居飛車、になった
両者すごく手が早い この対局の前に、同じカードで同じ全く手順で進んだ、とのこと
感想戦で大介「指定局面のような将棋になった」

広瀬「先手中飛車の最新形ですね 私も、先手を持って指して、負けたことがある戦型です
 棋王戦の挑戦者決定戦で指しました 誰かが痛い目にあわないと、研究が進まないのです」
山口「広瀬七段のおかげで、この戦型の研究が進んでいるんですね」
広瀬「そう言って頂けるとありがたいです(笑)」

山口「鈴木八段は、三浦八段のことを『ひろゆき』と呼んでいました」
広瀬「仲がいいんでしょうね」

山口「三浦八段は、24時間、将棋の勉強をしている、とのことです」
広瀬「寝る時間がなくなっちゃいますね」
山口「夢の中でも研究している、とインタビューで書いてました」

山口「三浦八段は、いつも目が充血しているイメージがあります」(実際、この日も充血していた)

山口「どこまで三浦八段の研究だったか知りたいですね」
広瀬「あまり直接訊くのも、変なので・・・」
山口「教えてくれないですかね?」
広瀬「山口さんが訊けば、教えてくれますよ(笑)」

山口「広瀬七段は、対局中、相手を見ますか?」
広瀬「いや、あんまり見ないですね」
山口「女流棋士って、対局のとき、スカートじゃないですか 
 ひざこぞうに、キティちゃんのバンドエイドが貼ってらっしゃる人がいて、目立ってました」
広瀬「あ、そうですか(^^;」

山口「三浦八段は、顔の向きがナナメ45度ですけど、姿勢もナナメ45度なんですね」
広瀬「それは初耳ですね(^^;」
山口「あ、今また姿勢が90度に戻りましたね」

という感じで、山口さんが延々しゃべっている間に、手が進んだ
早いテンポで手が進み、109手で大介の勝ち 番組開始から1時間の短時間だった

って、おーーーい、雑談ばっかりしすぎやで! いや、山口さん、雑談も面白いんだけどね、
メインは対局なんだから、中盤以降は、対局に集中しようよ!
対局中、大盤がTV画面に映ることがほとんどなかった、さすがに雑談の時間が長すぎ・・・

寄るや、寄らざるやの、キワドイ終盤戦の最中に、キティちゃんのバンドエイドの話を
している場合じゃない、頼むで~orz  山口さん、イエローカード!

対局は、大介が見事な終盤力を発揮し、一手違いで快勝していた
雑談がメインで、山口さんの雑談が一段落したときに、ようやく広瀬の解説、という感じだった
これ、大盤解説のやり方によっては、相当面白い番組になったと思うのに、残念・・・orz

山口さん、思ったことを全部口に出すのはやめて、これからは雑談をするタイミングを考えて下さい
頼みますよ~