<重要なお知らせ>
銀河戦の記事を、今期(第20期)の終了をもって「全局見て書くこと」は終了したいと思います
今、ベスト8まで来てますので、あと7局はちゃんと書きたいです

来期からは、銀河戦の記事は、私が興味ある対局のみ、記事にしたいと思っています
(NHK杯の記事は、このまま続行いたします)

終了の理由として、来月10月で、ちょうど丸5年間、銀河戦の記事を書いていたことになります
そろそろモチベーションが切れたので、この辺で全局を目標に記事を書くことはやめたいと思います

今の私にとって、将棋に関わることができる時間は、あまり多くないのです
それというのも、現在、週3回、記事を書いていますが、
1局の記事を書くのに、観戦時間を含めると、最低2時間はかけています
もうそれで「将棋に対して、お腹いっぱい状態」になってしまうのです 

1局観戦して記事にしたら、次の日は将棋のことを考えるのがキツくなってきてます
ですから、今、私は自分の対局をする時間がありません 将棋の本を読む時間もないです

自分の24での対局や(観戦以外の)将棋の勉強をする時間を確保するために、
銀河戦の記事を終了したいと思ってます 

5年前にブログを開設した当初からの目標であった、24のレートを2000点(三段)にまで
上げたいのです それには、将棋観戦以外のことをする必要がありますのでね

今後は銀河戦は、私が特別に興味を持てる対局のみ、チョイスして記事にしたいと思ってます
私が注目している棋士は、まずは最強の羽生、剛腕の佐藤康光、ファンタジスタ藤井、
人気者ハッシー、チョイ悪流の山崎、元天才?の先崎、超攻め将棋の野月、若手のホープ豊島、
早指しの鈴木大介、田村、糸谷といったあたり、
関西会館の解説会で楽しかった解説者、福崎、長沼、井上にも個人的に興味があります
そうそう、女流の対局は絶対見逃せませんね  

でも、記事にするかどうかは、私のそのときの気分しだいにさせてもらいます
実際に私が囲碁将棋チャンネルで観戦するのも、自分が好きな棋士の対局だけになるでしょう

とにかく、今期の第20期をもって「銀河戦の記事を全局書くこと」は終了します
(今期も途中で休みをいれましたけどね) どうぞ、ご了承ください

NHK杯の記事は、まだまだまだまだ続行します! できれば、一生書いていきたいです
10月からは、固定の記事は、週一のNHK杯だけになってしまいますが、
ブログには銀河戦以外のことを色々書くかもしれません では!