ああーー ついにA級棋士がコンピュータに負けたか 
盤面を左半分しか使わない将棋で、人間にとって考えやすかったにも関わらず、大局観で負けた三浦
ショックな負け方だった 
局後、三浦は途中まで自分のほうが良いと思ってやってた、とのこと
私も見ていて途中までずっと先手が有利、後手の攻めは続かないと思ってみていた
▲7二金で飛車を取りに行った手は感触が良くなかった ▲6三角だったらどうなったのか
屋敷もどこで後手良しになったか、解説がなかった

電王戦はプロの1勝3敗1引き分けで終わった
まあ、私の戦前の予想はプロの5戦全敗だったのだ(^^;
2007年のボナンザと渡辺竜王の相穴熊の一局を見た人なら、今回の結果は予想できたと思う
あの一局は名局、実力伯仲の互角の内容だった あれから6年経ってるもんね プロ、そりゃ負けるわ

電王戦についてはまた改めて感想を書きたいと思う みなさま、お疲れ様でした