佐藤天彦 七段vs山崎隆之 七段 NHK杯 1回戦
解説 稲葉陽 六段

天彦と山崎、1回戦屈指の好カードだ ワクワクする 天彦は今日はそれほど目立った格好はしていない
みんな期待していると思うので、もっと奇抜な格好で来て欲しい(^^;
山崎は髪の毛を逆立て気味にしていて、いい感じだ 

天彦は2006年四段、竜王戦1組、B2 予選で佐藤紳哉、西尾、藤井に勝ち 本戦は5回目の出場
山崎は1998年四段、竜王戦1組、B1 予選シード 本戦は13回目の出場

解説の稲葉の顔、モロにホームベース型(笑)
稲葉「天彦は序盤の研究が深くて、最新形も指す 基本的には攻め、受けるときも力強い
 山崎は序盤から独創的で人まねを全くしない 粘り強くて逆転勝ちも非常に多い」

事前のインタビュー
天彦「山崎は序盤から独創的、個性豊かな将棋 まずは1回戦を勝たないことには始まらないので、
 目の前の一局に集中して全力で戦いたい」

山崎「天彦は最近特に強くなって、この間もやられた 強い、厳しい相手だなあという印象
 強い相手と当たったんで、この1回戦しか表を見ていない 悔いのないように戦う
 戦型予想は、私が後手番なら、矢倉で前回と同じ戦型でリベンジしたい」

この2人の対戦成績は、1-1のイーブンということだ
稲葉「山崎は両方とも後手番だったが、勝ったのは一手損角換わり、負けたほうは矢倉だった」

先手天彦で、矢倉の出だしから、相居飛車の持久戦になった
▲早囲い~穴熊vs△高美濃~4枚美濃だ
天彦が▲9八香と上がった瞬間、矢内「ああー、そういうことですかー」
稲葉「相居飛車だと、穴熊は『遠い』ということが大きいですね」

山崎が攻め側の右桂を△9七桂成と突っ込み、桂損ながら、9筋と8筋に2つ歩を垂らすことに成功した
稲葉「玉頭に2つ歩を垂らされているのは、ちょっと天彦が苦労している感じ」
天彦はどう粘るのか、と思っていると、▲7八桂打! 自陣桂だ うわー、これは思いつかないわ
稲葉「ひゃー」 矢内「専守防衛ですね」
この自陣桂、いかにも穴熊を指しなれているという感じだ 山崎はもうここから30秒将棋、大変だ

玉形は固い山崎、何か攻めがつながればいいのだが、攻め駒が少なく、
何を指したものやら、難しい局面が続く 十字飛車で△2五飛と回ったはいいが、▲2八香と打たれて、
飛車が狙われる駒になってしまった そしたら、△2七金という奇手がキターー!
矢内「あ」 稲葉「はあ~」 歩は二歩で打てないので、金で代用というすごい着想!

それでも山崎の竜は捕獲を余儀なくされ、稲葉は「天彦ペース」と言っていたところ、
山崎に7筋を攻める巧妙な歩使いが出た
稲葉「こういう手がうまいですね 7筋が急所だったんですね
 これはもう、どっちが優勢かわからない」
両者、手練手管を使いまくり、全く気が抜けない戦いが続く 息つく暇があったもんじゃない
30秒将棋なのにレベルが高い 2人とも、さすがに強いわ 

難解な終盤、いっぱい駒が当たってる局面が出現、
天彦は金が2つタダで取れる、山崎は飛車、金、銀がそれぞれタダで取れる 
合計5枚、同時に当たってる 棋士冥利に尽きる局面だ 何がどうなってるの!?(^^;

山崎は思いつきにくい自陣飛車で、天彦は金3枚でまた穴熊を再構築で、両者魅せるわ~
が、きっと山崎は攻めをあせったんだと思う、
玉を囲っていた金銀銀をボロボロッと取られていってしまった

実戦は最後、稲葉「どこが急所の筋か、見えないです」と言っていたところ、
天彦が見事な叩きの歩の2連発を指し、山崎陣を崩壊させ、勝負あった
155手、天彦の勝ち 長い中終盤、ねじり合いでの力勝ちだった

稲葉「形勢の揺れ動きはあったが、天彦が穴熊の遠さを冷静に活かしきった」

ふーー、疲れた(^^; 将棋って、こんなに大変なゲームなのか、とまた思わされた
いったん始まったら、終わるまで、全く気を緩めることが出来ない レベルが上がれば上がるほどそうだ

詰む、詰まないといった攻防はなかったが、見所たくさんだった 
とくに歩を使った手筋が多く見られた一局だった 参考にな・・・らないです、レベルが高すぎて(笑)

来週は行方vs先崎、そして解説に羽生! ひさしぶりに先ちゃん登場、いいところを見せられるか?