カウンターの数値が、延べ50万を記録しました
見に来てくれているみなさん、どうもです(^^) 

実は、このサイト、ちょっとした閉鎖の危機があったのですよ
それは他ならぬ、電王戦の影響、昨今のコンピュータの台頭です

コンピュータがプロより強くなったことにより、
プロ将棋の魅力が薄れてしまうのではないか?という大問題です

このサイトは私が主にNHK杯などを見た感想を書いていくのですが、その原動力は、
「NHK杯という、こんな面白いものがある、それを観た感動をみんなと分け合いたい」
ということに他なりません

ですから、私がNHK杯を見ても何も感動しなくなってしまったら、もう伝えたいことがなくなって、
このサイトは終わりなわけです

電王戦を見終わって、その後、自分でもどうなるかわからず、しばらく様子を見ていましたが・・・
どうやら大丈夫のようです! 電王戦が終わってNHK杯は5~6局ありましたが、
NHK杯に関しては私は楽しく観れています 多分、これからも大丈夫でしょう
いや~、良かった(^^) 一時はどうなるかと思いましたよ

NHK杯からは、世間の将棋ファンの注目が集まる大舞台ということが、指す棋士から伝わってきて、
人間どうしの戦いを興味深々で観ている私がいます 
そしてルールが早指し(ほぼ30秒将棋)なので、必ずしも最善手を求めて観ているわけではなく、
コンピュータが強くなったことの影響があまりないようです(あくまで私の場合です)

でも、銀河戦のほうには影響はあるんです パラマストーナメントの下のほうのカードには、
興味がガタ落ちで、観ないことが多くなりました
銀河戦は、これからは注目のカードしか観ないでしょうね

コンピュータがプロより強くなっても、きっとNHK杯は大丈夫!
このブログ、まだしばらく続きますよー 私がNHK杯に飽きるまで(^^;
これからもよろしくね~