村山慈明 六段vs阿部光瑠 四段 NHK杯 1回戦
解説 中村太地 六段

今日は若手どうしの対決か 電王戦で貴重な1勝を上げた光瑠がどんなものか、楽しみだ

村山は2003年四段、竜王戦4組、B2 総合成績優秀により予選免除 本戦は5回目の出場
光瑠は2011年四段、竜王戦6組、C2 予選で土佐、窪田、石川に勝ち 本戦は2回目の出場

解説の太地「村山は居飛車の本格派で手厚い棋風 序盤の研究家
 光瑠は新進気鋭の若手で早見え早指し、伸び盛り 戦型は何でも指す」

事前のインタビュー
村山「光瑠は現役最年少棋士(19歳) 早指しでとても早見えなので、
 そのペースに飲まれないように指したい NHK杯ではまだ1回しか勝ったことがないので、
 とりあえず2回勝つことを目標にしたい」

光瑠「村山は序盤の研究が行き届いている 去年は2回戦で負けたので、今年は3回戦まで行きたい
 いつもどおり指せればいいなと思います」

先手村山で居飛車、後手の光瑠の作戦はなんとノーマル四間飛車だった
▲居飛穴vs△高美濃に進んだ

太地「光瑠は電王戦では、練習で200~300局指した 
 本番どおりの持ち時間4時間の対局も20~30局指した 陰で努力している」
そんなに指していたのか 光瑠の1勝は貴重な1勝だった 勝てて良かったな(^^; 

なんと光瑠のほうから仕掛け、戦い開始 
太地「光瑠は一番強気な手で行っている」
光瑠は自ら飛車もぶつけ、さばきに行った
矢内「光瑠は強気で一貫していますね」

だが村山の角を引いて合わせた手が好感触、これでは居飛穴のペースでは・・・
太地「少し光瑠が苦しくなってる感じ」
光瑠は一枚駒損しているから、振り飛車が苦しいなあ

お互いに角を打ち合い丁々発止のやりとり、村山は自陣に金を埋めて負けない手を選んでいる
しかし、村山の手がちょっとずつであるがおかしい? 自陣に打った香が働かない展開
矢内「どうなってるんでしょう」
太地「千日手もありうる」

長い終盤、大駒を切って攻める光瑠、村山はたまらず自陣飛車を打って受けたが、
これではおかしいのでは? もう難しいか? 光瑠が逆転してるか?
そして出た、光瑠の指がしなって、妙手と思われる一手、攻防の△6七角!
太地「あ! これは良さそうな手が出ましたね」
おお、これは絶品! 光瑠が勝ったな! 居飛穴相手に堂々の逆転勝ち・・・

あとは光瑠が決め手を放てばいいだけ、後手陣に詰めろはかかっていないから、
なにか先手玉を縛る手を指せばいい 太地の推奨の金をからめておく手がいいか
あれ、光瑠は違う手をやったか これでもいいのか?

いよいよオーラス、光瑠が詰ますかどうか、追う光瑠、逃げる村山
太地「すごい終盤になりました」
光瑠が王手の連続で追って行く・・・ が? 村山玉、上部が開けていて詰まないではないか?
ええー 逃したのか ええー 完全に光瑠の勝ちのはずだったのに、
詰めろのかけかたを間違えていたのか ああー これは村山玉詰まない! 
村山、からくも逃げ切り、143手、村山の勝ちとなった

太地「光瑠が最後の最後で間違ってしまった 弘法にも筆のあやまり
 最後まで面白い大熱戦でした」

光瑠、△6七角がカッコ良かっただけに、惜しかったなー これは悔しい負け方だろう
詰めろのかけ方を間違えてしまった、プロ的にはそんなに難しくなかったはずなのにね 

光瑠、ノーマル四間飛車で居飛穴に勝っていれば、ちょっとしたヒーローだったのに、
勝ち寸前まで行ったのに、あー惜しかった 
若手らしく荒削りなところもあったように思うが、両者力を見せた好局だった