村田智弘 六段vs豊島将之 七段 NHK杯 1回戦
解説 阿部隆 八段

今日は豊島の登場 相手の村田智弘って誰だ、ほとんど知らない(^^;
同姓に村田顕弘(むらたあきひろ)五段というのがいる

村田智弘は2001年四段、竜王戦4組、C2 予選で平藤、福崎、増田に勝ち 3回目の本戦
豊島は2007年四段、竜王戦1組、B1 総合成績優秀により予選免除 5回目の本戦

解説の阿部「村田は力戦の雄(ゆう)、自分の形で指す 関西研修会の幹事
 豊島はトップの若手 年々力強さを兼ね備えてきていて、タイトルに手が届いてもおかしくない
 序盤から終盤までスキがなく、言うことがない」

事前のインタビュー
村田「豊島は何でも指すので、その場で作戦を決めようと考えています 
 NHK杯はまだ1回戦を突破したことがないので、1回戦を突破したい」

豊島「村田は力強い力戦形を指されているので、戦型の予想がつかない 
 今回は目の前の一局に集中して勢いのある将棋を指したい」

先手村田で、相居飛車 横歩取りになった 後手は△8四飛+△5二玉型中原囲いだ
阿部「後手は今すごく流行している形ですね」
村田の対策は、村田独自の形ということだ 

阿部「村田はその場で考えることを重視する、昔かたぎの棋士
 豊島はいつも将棋会館にいて将棋を指している」

過去の対戦成績が出て、豊島の5-0ということだった 2人の活躍の違いから見て妥当なところだろう

豊島から仕掛けていったが、これがどうだったかということだった 
村田の対応手がピッタリな感じ、という阿部の解説
阿部「豊島、どうやって手を作っていくのか」

長い折衝が続いたが、結果、先手村田の3歩得という分かれ 
阿部に「この手は豊島らしからぬ手だと思いますけど」と言われる手も出て、豊島ピンチか
阿部「歩得で壁銀が解消され、馬が出来て先手は悪いところがない
 これやっぱり後手苦しいですね 後手はいいところないですもん」
これは豊島、やばいか でもまだ中盤だ そして残りの考慮時間が▲0回vs△5回になった

ここで豊島の勝負手が出た 飛車取りにされた瞬間、逃げずに桂で飛車取りのお返し!
阿部「あ~ 勝負手ですね なるほど そうか そうか」
村田の選択は、飛車の取り合いだった え~大丈夫かな 後手の桂が手順に攻撃に参加してくるし、
こんな大捌きをしては、せっかく先手が今まで積み重ねたポイントが一気になくなるのでは?
阿部「は~ 村田はやりにくい手をやりますね ホントですか これは形勢、入れ替わったかもしれません
 これはマズイと思いますね 急転直下ですね」

そして、豊島に決め手と思われる手が出た 下段から飛車を打たれる手を消す△7一歩!
これが先手の角に対しての詰めろにもなっており、絶好手だった 気づかない手だな~ さすが豊島!
阿部「いや~ しぶい! これはなるほどでした 参りましたね」

ここから、ひたすら手堅く進める豊島vs村田というかっこうで進んでいった
阿部「豊島の特徴は、良くなっても喜ばないことですね 油断がない」
しかし、村田も粘る粘る、どんだけ粘るねん、というくらいがんばって、手数が伸びまくっていく
矢内「まだ大変な感じが」

阿部「村田はもうダメかと思った局面から40手近く、すごくがんばっています」
二流のプロなら逆転の目があったのかもしれないが、そこは豊島だった 要所を押さえ、逆転はなかった
138手、豊島の勝ちとなった

阿部「序盤は村田流の指し方が功を奏して村田が有利になったが、飛車を取り合ったのが問題だった
 その後、村田はものすごくがんばったが、豊島は手堅かった」

ここ最近、私は夏バテなのでこの終盤の長い展開は厳しかった・・・(^^;
豊島の△7一歩で、もう終わったと思われたところから延々続いたので、バテた(笑)
なんとか体力を取り戻したいところだ