私は、囲碁将棋チャンネルを、かなり長い間、観ています 
(囲碁には興味がないので将棋だけ)
途中で観ていなかった時期もあるが、10年以上観ています 
そもそも、囲碁将棋チャンネルというのは、衛星放送の「スカパー」でやっている番組で、
月額1470円で視聴できるというものです (スカパーの基本契約料の月額410円が別途必要)
スカパーにはどうやって契約できるかというのは、色々な形態があるので、各自調べてほしい(^^;
私は業者に専用のアンテナを立ててもらいました そして、録画できる専用チューナーを設置しています

さて、本題 囲碁将棋チャンネルの中の将棋番組での目玉は、なんと言っても、銀河戦です
9月で第21期銀河戦が終わり、10月から第22期銀河戦が始まりました 
しかし、また1回戦からやるので、登場する棋士のレベルが、グッと下がってしまうので、
盛り上がりに欠けるのはどうしようもないところです

どのような放送をしてくれたら、もっと囲碁将棋チャンネルの将棋番組が観たくなるのか、
以下、私の希望を書いておきます ヘビーな視聴者の意見として受け取ってほしいです

<新しい棋戦の創設> 
・若手棋戦 ・女流棋戦 ・コンピュータソフト棋戦
この3つの棋戦が新たに創設されたら、どんなに面白いかと思います
それぞれ20~30名くらいのトーナメントで、持ち時間は早指しがいいですね

10年くらい前は「早指し新鋭戦」や「鹿島杯女流トーナメント」というものがありました
それを、今また復活させてもらいたいと切に思います

今、女流棋戦では、女流王将戦が囲碁将棋チャンネルで対局の実際の模様が収録されて放送されて
いるのですが、これが誰が優勝したのか、放送前にネタバレしてしまっているのです 
つい先日、香川さんが里見さんを破って、新女流王将になったのは将棋界のニュースとして
話題になりました 結果がわかっていては、私は観戦する気になれないです 

コンピュータソフト同士の棋戦というのも、ぜひ観てみたいものです 
(もうすぐニコニコ動画で電王トーナメントがあります、それがどうなるか見ものですね) 

<お好み将棋道場の充実>
これは、なんとかして欲しい 放送の力の入れようによっては、すごく面白い番組になるはずです
現在は、月1程度しか、新規に収録がされていないです
毎週土曜にやっている(約1時間40分)のですが、週3回は、いつ放送されたかわからないような
再放送が流れています せめて、隔週で新しく撮った番組を放送してくれないでしょうか

そして、何より、対局者(ゲスト)の人選
これが、どこぞ普通の会社の社長だとか、そういった人ばかりが目立ちます
一般人には全く知られていない人が対局者として登場しても、観ている側は盛り上がらないです
囲碁将棋チャンネルの番組紹介のHPの文章には、以下のようにあります↓
>芸能界やプロスポーツ界など各界で活躍している将棋愛好者がプロに駒落ちで挑戦する。

だとするならば、もっと、芸能人を出すべきです 出たい人はいるはずです
つるの剛士、柴田ヨクサルといった、情熱あふれる人は、毎年出してもらいたいです 
勝手に名前を出して悪いですが、将棋倶楽部24の久米宏席主、「寄せの構造with棋書ミシュラン」で
千冊以上の将棋本をレビューしているRocky-and-Hopperさんにも、出てもらいたいですね

さらに言うならば、アマ低級者の人というのが出ているのを観た記憶がないです
6枚落ち、8枚落ちという手合いもあるのです 
アマなんだから、どんなに弱くても「将棋が好き」であれば、参加資格はあるでしょう
その場合、現行の持ち時間50分は使い切れずに持て余すでしょうから、25分にして、
2局放送すればいいでしょう 1回の放送で1局だけ、という固定概念に捕らわれることはないはずです

そして、必ず、アマの希望した手合いをプロが受けてもらいたいです 
この手合いならアマ側が勝てるはず、そういう手合いでやってもらいたいです
将棋の駒落ちというのは、見かけ以上に差がないことが多いのです
私はもしプロと本気で指すなら、2枚落ちでやりたいです 飛香落ちでは、全く自信がないです
アマの人に気持ちよく勝たせる、それもプロの芸の内と思います
番組を観ていると、勝率はプロの5割5分~6割くらいでしょうか
アマが7割以上勝つくらいにしてもらいたいと思います 

さらに言うならば、別にアマvsプロでなくともいいはずです
アマvsアマ、それもアマ10級くらいどうしの対決をプロが解説し、それを見守る、というのも
面白い企画になると思います 本当は芸能人トーナメントをやってくれたら、最高なんですけどね

<週刊将棋ステーションの復活>
去年の3月で、棋界の情報番組を流していた「週刊将棋ステーション」が終わってしまいました
これは、今から考えると、すごく贅沢な番組でした
毎回プロ棋士が1人ゲストに来て、インタビューに答えて、棋譜解説をしてくれていました

これを復活させてほしいです と言っても、プロのゲストはいなくていいです
(もちろん、いるに越したことはないのですが)
ただ単に、週刊将棋の記者などの将棋関係者が2~3人で、その週にあった棋戦結果を振り返り、
ダラダラと20~30分、雑談をしてくれるだけでいいです 
これなら、ほとんどお金をかけずに可能だと思います
私は、将棋界の情報を聞いていると、すごく気分が落ち着くんですよね

この「将棋記者が将棋界の情報を週一で雑談する番組」は、
実現可能と思いますので、ぜひなんとかやってほしいところです

話を変えて、いいところも書きますね 
銀河戦の対局時に、現在の手番のほうに「手番」と文字が画面に表示されるようになったのは、
とてもいい改革だったと思います 今、どっちが考えてるのか、すぐわかり、グッドです
対局開始前と、終局後に対局者にインタビューがあるともっといいですが(^^;
それから、7月に始まった、3分で女流棋士の素顔に迫る「駒桜通信」、とてもいいです
女流の方に親しみがグッと増します 毎回楽しみです
ただ、居飛車党なのか振り飛車党なのか、攻め将棋なのか受け将棋なのか、
それすらわからない女流の方も多いですので、棋風の紹介は入れてほしいですね 

以上です 色々書きましたが、関係者の方、がんばってください!