広瀬章人 七段vs村山慈明 六段 NHK杯 3回戦
解説 鈴木大介 八段

今日は広瀬26歳と、村山29歳の対決だ 広瀬は前回の渡辺竜王との相穴熊での完勝が衝撃的だった
でも広瀬が先手番だから、今日は広瀬は居飛車をやるかなあ

広瀬は2005年四段、竜王戦2組、B1 1回戦で瀬川、2回戦で渡辺に勝ち 7回目の本戦出場
村山は2003年四段、竜王戦4組、B2 1回戦で阿部光瑠、2回戦で佐藤天彦に勝ち 5回目の本戦出場

両者ともに今期順位戦は好調で、広瀬はB1で7勝2敗で2番手(残り3局、自力)、
村山はB2で6勝1敗で3番手(残り3局、自力ではない)につけている

解説の鈴木大介「広瀬は一言で言うと終盤の天才、距離感がすばらしい 一手違いにすごく強い
 以前は振り飛車穴熊一辺倒だったが、最近は居飛車も多く指す

 村山は序盤の天才、『序盤は村山に訊け』という言葉があるように、たぶん棋界で一番、
 序盤に詳しいのではないか 手厚い将棋を好む居飛車党」

事前のインタビュー
広瀬「最近は先後によってだいぶ選ぶ戦型が変わるんですけど、今日はどちらになっても最新形から
 逃げないようにしたい 村山とは研究会も含めてかなりひさびさの対戦になりますので、楽しみ
 早指しらしいスリリングな将棋をお見せできればと思います」

村山「広瀬と言えば振り穴のスペシャリストで、奨励会の頃から相穴の将棋しか指したことがないので、
 今日は他の将棋を指してみたい 全力を尽くしていい将棋が指せるようにがんばりたい」
 
先手広瀬の作戦が注目されたが、やはり居飛車だった 対して村山は4手目に即、角交換し、
一手損角換わりになった 相腰掛け銀模様に進む
2人の対戦成績が出て、広瀬の2勝、村山の1勝 今回は5年ぶりの対戦ということだ 

解説の大介が、お互いに飛車先をなかなか伸ばさない理由についてしゃべってくれた
大介「先に玉を固めたほうが飛車先を伸ばすより価値が高いですからね 
  昔はお互いに自分側の理想形を目指してただ組む、というのが多かったんですけど、
 最近では『後の先』て言うんですかね、なるべく姿を出さないほうが開いての陣形によって
 形を変えられるので、得であるという考え方が多いです」 

さらに、大介ならではのエピソードも話してくれた 
大介「私正直、プロになってしばらくずっとですね、自分の陣形しか見ないでだいたい組んでたんですよ
 自分の理想形になるようにひたすら組んでだんですけど、今はそれではダメみたいです
 相手の出方をうかがいながら指すのがいいみたいです(笑)」

これは振り飛車党で、終盤に強い大介だからこそのエピソードだと思う
まず角道を止めて、飛車を振って、美濃に囲ってそれから考え始めても間に合うのだろう
相居飛車の将棋で、相手のやっていることを見ないなんていうのはすぐ致命傷になるからね(^^;

そしてさらに、貴重な発言があった
大介「序盤から一生懸命考えると、終盤で疲れがたまって燃料切れというのは人間同士では
 けっこう起こりますね」
なるほどな~ そういう発想もあるか 私だと「序盤からちょっとでも有利になったほうがいいに
決まってるじゃないか」と思うんだけど、終盤で逆転する「まくり」にはそういう理論があるんだなあ

さて、局面は広瀬が早々に▲4五歩と位を取ったことによって、あまり前例のない戦いになっている
広瀬が▲9六歩と突いたので、村山も何も考えずに△9四歩と受けると思いきや、
村山は「▲9五歩としてもいいですよ」と、ゆうゆうと△8四歩とここで指してきた
広瀬は「それには乗りません」とすぐには▲9五歩を指さなかった 
大介が「いや~ これは▲9五歩詰めたいですね~」と言った局面もあったのだが、
結局▲9五歩は指されなかった 端一つとってもこのやりとり、これがこの一局を象徴していた
めっちゃ高度な戦いが、この後、延々続くことになる

広瀬は▲4六角、村山は△2二角と打ち合い、非常~に難しい戦いになった
大介「自分は若干、後手持ちかな? いや、村山ブランドで後手が指せる気がするだけかな(笑)」
激しい中盤、駒がいっぱい当たっている こ、これは難解!

大介「村山の指し手の速さからいくと、村山は自分が充分と見てるでしょうね
 ただこう言っては何ですけど、広瀬は今、右に出るものはいないくらいの終盤力ですから」
広瀬は跳ねた桂をタダで取られたが、2筋の歩をじっと突いて、プレッシャーをかけている
大介「じわじわ行きましたね こういう手が指せるのは自信があるからでしょうね」
両者自信がある中盤戦というわけか む、むずい(^^;

大介は振り飛車党だから、角換わりの解説は大丈夫か、と思っていたのだけど、実に良く手を当てている
はずれる場合もあるのだけど、とにかく事前に候補手を言ってくれて、ビシビシ当てていく
その大介をもってしても、形勢判断がしづらい熱戦だ
大介「いや~ 難しいですね これはずっと村山ペースかと思ってたんですけど、
 広瀬の距離感が出てきましたかね」

広瀬が自陣に飛車を引き成って、大介が「村山、やや苦しい」と言ったところで、
村山にじっと金を自玉側に寄せて引き締める、という手(△5二金)が出た
大介「これは村山流ですね~ 感心しましたね いい手と思います」
そしたら、広瀬もそれに呼応して、7九の玉を囲いに入城させる▲8八玉!
大介「あ~ 出ますね~ お互いの持ち味が出まくってますね~」
散々戦った後に、双方自陣の整備、ものすんごいハイレベル!! 

大介「これはもう勝負がつきません もう引き分けでいいんじゃないでしょうか」
思わず大介からこんなセリフも飛び出す混戦(^^;

広瀬、ちょっと有利で、どうするか権利があったのだが、決め手を見つけられないようだ
大介「△5二金で景色が変わりましたねー 広瀬は最後の1分を使いましたね
 最後の1分は『命の1分』と呼びますよね 広瀬としては残しておきたかったのだけど、
 局面がそれを許さなかった」 

大熱戦で双方30秒将棋が続く いよいよ最後が近い
広瀬が攻め、村山玉の回りで双方の金銀がからみあっているが、どうなっているのか
ところで、矢内は、今日はあまりに高度な内容だったから、言葉が少なかったな、
矢内の力量をもってしても言葉を発しにくかったか、と思って私は見ていた、まさにそんなときだった
矢内から衝撃の発言が!
矢内「▲3二銀成△同玉に、▲4一銀ともう1回打ったら・・・」
大介「あ!? そうだ 最後に矢内さんが来ましたね!」
なんと矢内が即詰みを指摘 しかし、あろうことか広瀬はそれを指せず!!

大介「あ!? すごい これは矢内さんが対局者だったら勝ってましたね 広瀬でもこんなことが
 あるんですね 今、詰んでましたね! 広瀬が村山の読みを信用しましたね いやーこれは痛恨」
村山はこのチャンスをがっちり掴んで逃さず、しっかり広瀬玉を詰まし上げた

124手、激闘に終止符、村山の勝ち 
しかし、あれだけ延々、高度な応酬で、最後の最後には、簡単な7手詰みを詰み逃し
劇的としか言いようがない勝負だったな 見ていて疲れた~(^^; 

終局直後の映像で、広瀬が「最後詰んでましたね」と指摘したのだが、村山は「えっ!?」と驚き、
全く自玉に詰みがあったことに気付いていなかったとが判明した

大介「すごい将棋でしたね あの広瀬が並べ詰みの7手詰みを逃すという、めったに見れないものが
 見れましたね 感想戦、すぐ広瀬も詰みは気がついたみたいですけど、
 広瀬が秒読みの中で相手を信用しましたね 村山の粘り強い指しまわしが、広瀬の錯覚を生んだ
 お互い、自分の棋風が出せた一局だと思いますね」

今回の内容の高度さがわかっている人ほど、最後の広瀬の詰み逃しを責めることなど、決してできまい
あれだけすごい応酬が続いてたら、まさか相手が詰む筋に飛び込んでくるなんて予想できないもん

今期NHK杯でも、屈指の激戦だった本局 見ていてこれだけ疲れた内容もめずらしい
先週の一局も角換わりだったが、今回も、超難解だった さすが3回戦ともなると、レベルが高い! 
私は理解しようとがんばって見てますけど、他の視聴者のみなさんはどうなのでしょうかね
私の父(24には参戦不能なほどの低級の棋力)なんかは、もう途中で寝ながら見てることも
多いんですけど、本局もたぶんそうなるんじゃないかと(笑)

<お知らせ>10日の火曜、第3回電王戦の対戦カードの発表があるそうです