奇襲講座、角頭歩突き戦法(後手番)の紹介です
今回は、木村さゆりさんの講座と、激指の検証、一気に貼ります
それぞれ1枚ずつ棋譜を貼ります

<今回の結論>
初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩に4手目△2四歩がこの戦法の骨子ですが、
このとき、先手に▲6八玉とされて様子を見られていたら、
後手は何を指したらいいのかわかりません
「使える奇襲の紹介」と、以前にお知らせしたのですが、これはあまり使えなさそうです(^^;


4手目△2四歩の局面は、「イメージと読みの将棋観」の第1巻のテーマ図ともなっています
以下、抜粋します

羽生「ない手じゃない。▲2五歩と行ってよくなりそうだけど、そんなに簡単じゃない。」
佐藤「実際に指されたら長考しますね。」
森内「△2四歩は、悪手と一局の将棋の中間の手。▲6八玉が無難な選択だと思う。」
谷川「▲6六歩と突く手が冷静かもしれない。」
渡辺「へー、こんな手があるんですか? 先手の勝率は75パーセントくらいでしょう。」
藤井「実戦なら、大人の態度で▲6八玉としてじっくり勝ちます。
 先手勝率60パーセント以上はいくでしょう。」

平成以降で、プロの実戦例は一局もないそうです 残念!

───────────────────────────────────────────────────────

<木村さゆりさんの講座編>

▲7六歩
*将棋ファンのみなさま、いかがお過ごしでしょうか
*女流棋士の木村さゆりです 
*今回の講座は、角頭歩突き戦法の奇襲というのをご紹介いたします
△3四歩
*角という駒は、ナナメなら最強の駒なんですけど、いかんせん角の頭は弱いんです その角頭の歩を大胆に突いてしまおうという戦法なんです
▲2六歩
*この戦法は、後手からやろうと思います
△2四歩
*ここでですね、△2四歩と突いてしまう これが角頭歩突き戦法と言われるゆえんです
▲2五歩
*これは当然、なんだこのヤローと来るでしょう
△同 歩 ▲同 飛 △8八角成
*ここで角交換します
▲同 銀 △3三桂
*(ここで▲2八飛、▲2一飛成、▲2三飛成の3つに分岐します)
▲2八飛
*ここで先手が、たぶんしないんではないかなーと思うんですが、飛車を引いた場合は、すぐには決まらないんですが・・・
△2五歩
*△2五歩と打ちましてですね、次に△2二飛から▲2七歩と打たせて、非常に長期戦になりますが、向かい飛車としては成功していると言っていいでしょう
*(10手目に戻る)


変化:11手
▲2一飛成
*この▲2一飛車成には、飛車を強くぶつけてください
△2二飛
*ここで先手がひるんで、▲1一竜としますと、△2九飛成で後手有利です
▲同 龍 △同 銀
*ここで先手の攻めなのですが、ちょっと味付けして▲2三歩と打ちます
▲2三歩 △同 銀
*ここで先手の攻めは、▲2二角が考えられますが、それは△4四角がすばらしい好手で、▲7七銀に△2一飛と打ち、角頭歩突き戦法、大成功と言っていいでしょう
▲2一飛 △2五飛
*▲2一飛には、これが銀取りを防いで、攻防手です
*先手は歩切れなので△2九飛成が受けにくいです
*角頭歩突き戦法が成功と言っていいでしょう
*(11手目に戻る)


変化:11手
▲2三飛成
*▲2三飛成にも飛車をぶつけます
△2二飛 ▲2四歩
*▲同竜だとさきほどと同じになります 先手は▲2四歩と打つと思います
△3二金
*それには△3二金と上がります
▲3四龍 △1二角
*ここに角を打って、竜が逃げれば△6七角成で、馬ができるので角頭歩突き戦法が成功と言えます
*(終わり)

─────────────────────────────────────────────────────

<激指を使って検証編>

▲7六歩
*激指定跡道場3による、角頭歩突き戦法の検証です
△3四歩 ▲2六歩 △2四歩
*問題のこの局面、激指は+200ほどで先手若干有利と判断しました 次の手、▲6八玉または▲4八銀が有力のようです ▲2五歩は行かないで、後手の様子を見るのがいいとの判断ですね
▲2五歩 △同 歩 ▲同 飛
*ここでは+70ほどの形勢判断 
△8八角成 ▲同 銀 △3三桂
*ここでの形勢は+6で全く互角と判断
*しかし、検討モードの次の最善手にはびっくり
*▲2四飛が最善手と激指先生! なんやそれ!?
*
*ここで、▲2三飛成と▲2四飛に分岐します
▲2三飛成 △2二飛 ▲2四歩 △3二金
*木村さゆりさんの解説どおりの変化
▲3四龍
*このとき、△1二角は▲2三角でまぎれるとのこと
*△4五角のほうが良く、それで-400ほどで後手有利とのこと
*先手も△3二金に▲3四竜がまずく、▲2二竜と取っておいて全く互角と激指先生
*(11手目に戻る)
まで15手で中断

変化:11手
▲2四飛
*こんな手があるのですか・・・
△2二飛 ▲2三歩
*この歩を打つのが▲2四飛の狙い
*以下は△2一飛か△4二飛か△5二飛が考えられ、形勢は+60ほどで互角とのこと