今期の銀河戦、最近私は楽しく観戦しています
現在、7回戦まで放送が終わり(A~Hブロックで各11回戦まで)、そろそろ強豪が登場する頃です
誰が勝ち残っているか、書き出してみようと思います

<Aブロック> 田中悠一四段が怒涛の5人抜き中で、決勝トーナメント進出を決めている
 次の相手は窪田六段 窪田の変則将棋が観れると思うと楽しみだ
 その後は広瀬八段、行方八段、稲葉銀河という顔ぶれがひかえている

<Bブロック> 坂口五段が3人抜き中 中飛車の著書がある坂口、全て中飛車で勝っているのは立派
 (3局中、2局は相振り) 次の相手は森下九段 
 森下は電王戦では負けたが、いいところを見せられるか
 その後は畠山鎮七段、高橋九段、羽生三冠がひかえている

<Cブロック> 永瀬六段が3人抜き中 この若手も注目人物だ 次の対戦相手は、あの豊島七段
 8回戦では、全ブロック中、一番の見ものだ 今からワクワク、楽しみだ(^^)
 その後は鈴木大介八段、深浦九段、三浦九段がひかえている 

<Dブロック> 佐々木慎六段が福崎九段に勝って1人抜き中 
 その福崎は、3人抜きしていた村中六段との将棋では、 素晴らしい指しまわしの会心譜で、
 「妖刀」健在を見せ付けた一局で、特筆ものだった 
 佐々木慎はC1で昇級を果たしている その佐々木慎の次の相手は戸辺六段 これも好カードだ
 その後は丸山九段、谷川九段、郷田九段がひかえている

<Eブロック> 中村太地六段が2人抜き中 南九段に勝ったのだが、ギリギリの逆転勝ちだった
 高見四段は中村太地に負けたが、3人抜きしたので決勝トーナメントに行ける可能性はまだある
 中村太地の次の相手は佐藤天彦七段 これも好カード 好カード目白押し状態でうれしい(^^)
 その後は藤井九段、橋本八段、森内二冠がひかえている
 
<Fブロック> 田村七段が澤田五段に勝って1人抜き中 このブロックは澤田の2人抜きが最多で、
 誰が決勝トーナメントに出るかわからない 田村の次の相手は畠山成幸七段 
 その後にひかえているのも、飯塚七段、松尾七段、屋敷九段というちょっと地味なメンバー(^^;

<Gブロック> 阿部光瑠四段が4人抜き中で、決勝トーナメント進出を決定している
 門倉四段、横山六段、糸谷六段、阿部健治郎五段というメンツを破っての4人抜きは見事
 次の相手は野月七段 野月の将棋は攻め100パーセントなので、観ていて楽しい 
 その後は木村八段、山崎八段、渡辺二冠がひかえている

<Hブロック> 村田顕弘五段が3人抜き中 
 富岡八段戦ではほぼノータイム指しという芸当を見せ、投了まで追い込んでいた
 真田七段戦は今しがた放送があったのだが、横歩取りの超急戦でいきなり終盤、という激しい研究将棋
 真田のクソ粘りをものの見事に撃破したのは圧巻だった これで2013年度の勝率を7割に乗せた
 関西若手四天王と呼ばれたが今まで目立たなかった村田顕弘、覚醒か(他は豊島、糸谷、稲葉)
 次の相手は安用寺六段 その後には阿久津八段、久保九段、佐藤康光九段がひかえている


各ブロック、結果だけ見ると若手が順当にベテランに勝っているように見えるのですが、
対局の中身はスレスレで勝っている印象です (たまに例外もあるけど)
7回戦終了時点で、勝ち抜いているのは、田村を除けば、全て若手という、まさに実力の世界、
下克上のプロ将棋界! 色々な人が出てきて色々な戦法を見せてくれて、楽しいです
解説者にも、室岡七段なんかが出てきちゃったり(^^; 他の局では室岡さんは観れませんよ(笑)
今期は若手が特に元気で、ベテランもなかなか簡単には勝たせない、
という面白い対局が多い印象がします 銀河戦、これからも熱戦を期待してます!