快晴にめぐまれた本日、岡崎将棋まつりの日だ
だが、私は前述のとおり、抽選にハズレてしまい、席が取れなかったので、
午前中のフリートークだけ見てきました
岡崎城のそばにある、能楽堂(のうがくどう)で行われました

司会の石田和雄九段「それでは、トークショーを行います
森内俊之竜王名人、よろしく~(パチパチパチ) 久保利明九段です~(パチパチパチ)
今人気絶頂の香川愛生女流王将でございます(パチパチパチ)」

石田「森内竜王名人は、この岡崎将棋まつりに来て、名人戦、負けたことがないというジンクスを持っています 久保さんは、こんな強豪を見落としていたか、岡崎は初めてということでね 香川さんは、あの強い里見さんからタイトルを奪い、今20歳か21歳かな」
森内「今すごく忙しい時期なんで、一日一日、あっという間です」
久保「私は今対局がない(笑) 対局をしたいです イベントで色々呼んでもらえるのはいいことだなと」
香川「私は大学にも行っているので、昨日、おとといと、授業を受けてから岡崎に移動でした」


香川「昨年、甲斐女流二冠が、A級棋士(深浦)に勝ったのが、私はすごいなと思ったんですけど」
森内「私はその対局、近くで見てました 私も気をつけようと思いました(笑)」
久保「関西会館の講習会では、女流は対局で勝って、感想戦でも勝ってますから」

香川さんから森内、久保の両者に再び質問で「ご家族とどう過ごされてますか」という質問
森内「1年トータルすると、一般の方より家に居る時間は長いので」
久保「対局以外ではよく家に居るので」
石田「この2人は、家ではいいお父さんでしょう」
ここから石田九段「私はけっこう忙しくて~」と話が続いたが、省略させてもらいます(^^;

ファンのみなさんから質問受付のコーナー
Q初手の中で、価値が低い手はどれだと思いますか?
森内「やはり▲8六歩じゃないでしょうか これはここの4人、一致するんじゃないでしょうか」
久保「私はやられるかもしれませんね(笑)」

Q昨年度のプロの全体局の中で印象に残った一局は?
森内「A級順位戦の最終局の三浦vs久保 終わるかと思ったら、全然終わらないんです」
久保「王座戦第4局です 千日手も含めて 羽生vs中村太地の、終盤がすごかった一局」
香川「三浦vs久保です 私も見てました」

Q電王戦について
石田「私なんか10年後、ロボットに介護されてるかもしれない」
森内「これからどうなっていくのかわからない 谷川会長の意向に従いたいと思います」
久保「事前に何百局と練習しないと勝てないんだろうなと思います」
香川「コンピュータとこれからどう関わっていくのかを問う機会だった いい将棋が見れた これからも見ていきたい」
石田「なるようにしかならんですね、これは」

Q将棋以外の室内ゲームは?
森内「10年ほど前は麻雀をやっていましたが」
久保「以前、麻雀の大会に香川さんと出ました」
香川「初心者でもいい、健康麻雀ということでしたので」

Q戦国武将だったら、誰が好きか?
森内「家康と言わないといけないんですかね?(みんなの笑いを誘っていた 岡崎は家康生誕の地) 上杉謙信 以前のイベントで上杉謙信と言ったので」
久保「(こちらもなんか、イベントで仮装した関係上)黒田官兵衛で」
香川「私は日本史をよく知らないんで、逆におススメを教わりたいです」 
石田「私は西郷隆盛です」 ・・・それ、戦国の人じゃないですけど(^^;

Q一流の条件
森内「チャレンジ精神旺盛な方が多いと感じます 目先の勝利だけでなくです」
久保「前後際断、この言葉を意識しながらいつも生活しています」
香川「師匠の中村修が、『将棋を指しているときに関わらず、谷川先生の所作を見るのがいい勉強になった』とよく言うのを聞いている ・・・なんかそんな感じのことを言ってました(^^;

Qニックネームについて
森内「鉄板流と言われるんですけど、自分はそんなに手堅い棋風とは思っていないですけど、せっかくつけてもらったんで、まあ何でもいいかと思ってます」 会場、爆笑
石田「久保さんは、さばきのアーティストて呼ばれるんだよね 香川さんはこれからだなあ」

こんな感じの30分でした 誰か森内さんや香川さんにいいニックネームをつけてあげて~ 以上です!