日曜の午後3時からの2時間番組、第39回子供将棋名人戦 
準決勝2局と、決勝1局の模様が放送された 今年も例年どおり、面白かった~! 

準決勝の第1局は角換わりで、▲右玉vs△居飛車 
後手の子が、手待ちで飛車を浮いた疑問手を見逃さず、先手の子が機敏に仕掛け、そのまま押し切った
右玉で勝った先手の子、一手の疑問手もなかったのではないかと思えるパーフェクトな内容だった
お見事!

準決勝の第2局は、▲四間飛車vs△居飛車で、相穴熊になった
お互いにガッチリ囲い、難しい中盤に突入 解説の船江も感心する応酬
しかし、どういうわけかわからないが、位をめぐる攻防で先手が良くなった 
そのまま押し切り、先手の子の勝ち 
どこが悪かったのかわからない、敗因不明の負け方に、後手の子、泣いていた(^^;
先手の子としては完璧な内容、これまたお見事!

決勝、▲四間飛車vs△居玉の力戦 後手の子がまた右玉を採用しようとしたところを先手の子が
速攻で襲い掛かり、大乱戦になった 
決勝にふさわしい、ねじり合いが延々続き、解説の船江も、一観戦者として非常に楽しんで
観ていたように思う 先手が後手の猛攻からギリギリで逃げ切り、辛勝 これは見ごたえあったわ~
局後の検討で、船江が長手数の、もうめっちゃ難しい即詰みを指摘していたのは、
さすがとしか言いようがない  一級のプロとなれば、あんな詰みが見えるのか すげえー

準優勝した子は、何でも200手くらいの詰将棋が解けるんだとか どうなってんねん(笑)
この子供将棋名人戦、早指しでバシバシと進むから、観ていてストレスがなく、楽しいんだよね

ただ、今年は連盟のHPで、この番組がどこに紹介されているか、非常にわかりにくかった
そもそも紹介していたのか? この時期に毎年放送されるので、私は気をつけていたので
事前に放送時間を知ることができたけど、見逃してしまった人も多かったのではないだろうか
連盟には告知活動を、ちゃんとしてもらいたい

女流でもいいし、男子プロでもいいから、30分~45分で一局終わるような番組を作ってくれたら、
といつも思う