今日は水曜なので、昨日放送があった銀河戦の模様をお伝えする

昨年度の成績は、三浦17勝19敗 0.472 豊島35勝14敗 0.714
2人の対戦成績が、三浦0勝 豊島4勝ということだ 
この2人の対戦と言えば、去年の銀河戦での激戦が記憶に新しい
横歩取りで持久戦になり、終盤ギリギリの勝負を豊島が制している 面白い名局だった
今年も銀河戦で両者が当たった 三浦、リベンジできるか?

先手三浦で十八番の矢倉 対して豊島は△5三銀右の急戦矢倉で対抗した
解説の久保「急戦矢倉が最近流行っているのは、通常の相矢倉だと、後手が守勢になりやすいからです
 後手が自分から動いていけるのが急戦矢倉」

三浦が5筋の位を取った手に対し、豊島が強く反発する動きを見せた
久保「メチャクチャ激しくなる可能性がある」
おいおい、もう戦いか 三浦は居玉、豊島も1つ玉を寄ってあるだけだ

久保が指摘していた、一番激しい順に、本当に突入した うわー これはどっちを持っても怖いなー
そして、豊島に強手が出た 守りの金を、ぐいっと力強く出て、三浦の攻めの銀と交換狙い!
おおー その金は守りのカナメと思っていたが、そんな発想があったか
久保「いやー これはびっくりしました でも豊島らしい一手が出たという感じ
 私は研究会で豊島とは指してるんですけど、強い受けの手を指すんです」

金銀交換になってみると、三浦の攻めが続かないっぽい
さらに豊島がすばらしい構想を見せた 「いったん角を出て三浦に駒を打たせてから、出た角を引いて
 その打たせた駒を狙う」という、実に巧妙な指し口だ こんなの、真似できない構想だ 豊島、強い!
久保「豊島の『根こそぎ一掃作戦』が成功しそう 三浦は相当困ったんじゃないですかね」
おおー、豊島の受け、ものの見事に炸裂したか もう早くも終局か?

しかし、ここから三浦がすごかった なんと、三浦、飛車をドーーンと捨ててイッターーー 
飛車と歩の交換! 飛車捨ての特攻だーー
久保「うわっ すごい手ですね 見たことない 並の手ではダメだということですけど、いやすごいですね」
すごい攻めだが、どう受ける? が、私には見えなかった受けで、豊島は冷静に対処した 
さすが豊島・・・ 久保「あと一歩あれば三浦の攻めは成立していたんですが、ちょっと差がついた」

いよいよ三浦、終わりか と思われた、またそのとき、三浦、今度は角をドーーンと捨ててイッターー 
角と歩の交換! 飛車と角を両方、歩と交換する攻め! こんな手が一局のうちに出るか!?
これには久保も「私はこういう将棋を初めて見ました(笑)」 久保も思わず笑っていた
久保「さすがに形勢は豊島がいいはず」

どうにか形にしようともがく三浦だったが、豊島は的確だった 最善と思われる手を指し続けた
豊島が優勢になったら、まず間違えない 見ていて安心感がある
今回もきっちり読み切り、一手違いに持っていった 90手で豊島の勝ちとなった

豊島の受けの技術の高さが炸裂した、会心譜と言える内容だ ビバ豊島、ナイス豊島! パチパチパチ
三浦の猛攻を、豊島が巧妙な受けでしのいだという、見ていて実にスリリングで面白い一局だった

豊島にしてみれば、三浦に攻めさせたのは作戦の内で、後から冷静に考えると、全て豊島の手の中で
事が運ばれていたのかも・・・ 恐るべし、豊島・・・ 
三浦にしてみれば、またしても豊島に総合力で上回られた印象だ
そんなに悪い手は指していないが負けた感じで、これで対戦成績は5戦全敗となってしまった

豊島は三浦の先手矢倉をものの見事に撃破した 豊島はやっぱり強い!!
この将棋は自玉の安全度の見切り方が、特に素晴らしかった 研究、読み、大局観、構想力、
本当にどれもスキがない! 豊島の将棋には、なんとなく羽生の匂いがある 一局が終わったとき、
拍手したくなる勝ち方っていうのをやってくれるね これからも期待大だ 

Cブロックからは、永瀬が中田功、塚田、中村修に勝って3人抜きで最多勝ち抜き者、
豊島が永瀬、鈴木大介、深浦、三浦に勝って最終勝ち残り者で決勝トーナメント進出を決めた