毎週火曜は、女流王将戦の模様をお伝えしている 今回は、1回戦最後の対局だ
甲斐二冠と岩根女流二段、2回戦のベスト8に進むのはどちらか
この女流王将戦には、奨励会所属の女の棋士の参加が認められていない
よって、甲斐が挑戦側では唯一のタイトルホルダー参加者、本命中の本命になる 
その甲斐に岩根がどう戦うかが見ものだ

甲斐二冠は、昨年度は12勝7敗 ここまでの通算成績は205勝117敗 0.637 
中原門下 予選はシード 31歳
岩根女流二段は、昨年度は2勝3敗 ここまでの通算成績は138勝92敗 0.600
コバケン門下 予選で和田女流3級、竹部女流三段に勝ち 33歳

甲斐さん、二冠保持のわりには、昨年度はあんまり飛びぬけて勝ってたわけじゃないな
岩根さんは何があったのか、昨年度はたった5戦しかしていない

解説の村中六段「甲斐は攻守のバランスが取れたオールラウンダー
岩根は生粋の振り飛車党 中盤のさばきと、終盤の腰の重い粘りの棋風」

戦いが始まる前、両者の駒の置き方を見たら、どちらも升目の下のラインに揃えて置く置き方だった
駒は升目の真ん中でなく、下のラインに合わせて置くほうが主流になる時代が来るかもしれないな(^^;

先手甲斐で、相振りになった 相三間で、持久戦だ
双方美濃囲いに囲い、長い序盤戦が続くことになった

聞き手の高群女流「岩根は自分の棋風は、『攻め将棋とよく言われる』
甲斐は『盤面全部の駒を使ってバランスよく指す棋風』とのこと」
村中「甲斐の師匠は中原先生で、自然流ですからね」

双方、長考派のようで、じっくりと駒組みを進めていく 岩根は角交換を拒否して決戦を避けた
村中「どこで駒がぶつかるか、わかりづらい こうなると先が長い スローペースですね」

雑談で間をつなぐしかない時間帯が続く(^^; 
高群「この2人は、奨励会で1級まで行きました」
へー、そうだったのか 今、女の棋士では、加藤桃子女王(19歳)が奨励会初段だ そしてもう一人、つい先日の9月21日、西山朋佳(ともか)さん(19歳)が奨励会二段に昇段したとのこと 楽しみな人材が育ってきていることが分かる

村中「甲斐が深浦に勝ったのはすごいですよね」 
昨年10月の男子プロの王位戦、持ち時間4時間の棋戦で、女流枠で参加し、あのA級棋士の深浦に勝ったのだから、これはすごいことだ

番組開始からすいぶん経っても、まだじっくりとした駒組みになっている
そして、両者ともに25分の持ち時間を使いきり、40秒将棋に突入した
村中「まだ歩しか交換になってない(^^;」
岩根が、飛車を5段目に浮いて、甲斐の伸びきった1歩を取りに行った
村中「これは揺さぶりをかけた手ですね なるほどという手です」

岩根、1歩を取ることに成功はしたのだが、その間に甲斐に駒組みを進められてしまった
甲斐は銀冠に組むことができ、万全といった感じだ
村中「こう進んでみると、甲斐がうまくまとめました 銀冠になったのは大きい」

そして、番組開始から59分、ようやく本格的な戦いが始まった ここまでが長かったなー(^^;
村中「ちょっと甲斐がいい 岩根はまぎれを求めている この中盤で、甲斐の方だけ、手をいっぱい指した勘定になっている 甲斐の駒が前に出てきているのに対し、岩根はさっきからほとんど駒組みが進んでいない 甲斐の自然に指すという、いいところが出ている」

そして、ここから甲斐の怒涛の攻めが開始された 攻めに銀をどんどん繰り出し、岩根の美濃囲いの端に集中攻撃、これがモロに炸裂した うわー、この端攻め、厳しい~!
村中「岩根が困っているように見える 甲斐の銀冠は厚い」

岩根、どうにかしようと、玉を早逃げするが、これは将来に希望がある手じゃないなあ
ただ単に、美濃囲いを放棄した手だ どんどん崩される岩根の美濃囲い
村中「形勢は、はっきり甲斐が良し 甲斐は非常に自然な手を続けてます しかし岩根はまだ金銀を剥がされたわけではないので、逆転の余地はある」
そう言っていたのだが、現実は非情だった 甲斐の攻めが的確で急所にビシビシ来る

岩根陣、ボロボロにされていく それも、一方的に駒損になっていく
村中「これは、岩根はつらいですねー キツイですねー」
そして寄せ方も、甲斐は緩みなかった  
村中「甲斐の寄せは、すごく筋のいい手ですね」
最後は長手数の並べ詰みをしっかり読みきり、甲斐の圧勝となった 
121手、女流二冠が岩根を寄せ付けず、完勝譜という内容だった

村中「岩根がうまく揺さぶりをかけたと思ったが、それに対する甲斐の対応が素晴らしかった 局面が落ち着いてみると、気づいたら甲斐が指しやすくなっていた 岩根も逆転のチャンスをうかがったが、甲斐の安定感のある指し回しと、しっかりした収束が光りました」

甲斐、女流二冠の貫禄、格の違いを見せつけた内容だった さすが女流の第一人者だ
攻めに守りに、実にバランスがいいねえ 一度攻め始めたら、もう守ることは考えない、という人もいるが、それとは好対照、手を戻すべきところはしっかり戻していた
岩根を寄せ付けなかった甲斐、香川女流王将への挑戦者は、この人がやはり本命と思わせる、圧勝劇だった 岩根としては完敗で、もう相手が悪かったとしか言いようがないわ
 
これでベスト8は、
上田初美女流三段 vs 室田伊緒女流初段
松尾香織女流初段 vs 甲斐智美女流王位倉敷藤花
清水市代女流六段 vs 中澤沙耶アマ
矢内理絵子女流五段 vs 伊奈川愛菓女流初段

この顔合わせになった 私は女流棋士の対局は、長い間観てなかったので、新鮮なんだよね どれも楽しみだ
個人的に特に注目は、清水クイーン四冠vs中澤アマだ クイーン四冠にアマが勝ったら、えらいことですよ