まず、おとといのNHK杯の記事の反省から
おとといのNHK杯で、私は終局後の解説の広瀬の感想に疑問を抱いた
広瀬は「藤井ペースだったが、その後康光ペースになり、そのまま康光が押し切るかと思ったら最後はドラマが待っていた」ということだった
対して私は「藤井ペースで、康光が追い上げたが届かなかった、というのが正しいのでは」と記事に書いた
どちらが正しかったのか? それは、阪田大吉さんの「将棋のブログ」にある、激指13のグラフを見ればわかる!

・・・そう、激指13のグラフ、それはモロに広瀬の意見を見事に表したグラフの推移だった!
まあ、激指13だからって、必ずしも正しいわけじゃないけど、これはもう広瀬が正解だわ(^^; 
広瀬はあの難しい中終盤を、一言で的確に表現していたのだった さすがA級!

そして判明したことは、なんとあの最後の藤井の即詰み、あれは康光が逃げ間違えていたから詰んだ、ということだ 調べてみると、確かに詰まない・・・! 藤井が詰みを見切って寄せに出たのではなかったのだ そ、そうだったのか・・・ 藤井が王手ラッシュに出たとき、広瀬は「パッと読んだ感じでは詰まない」と言っていた これも正しかったのだ

今回は広瀬が正しかった まあしかし、私は激指で解析してから感想を書く、ということはしないでおこうと思っている なんか、興がそがれそうで、それはそれでイヤじゃない?(^^; 
NHK杯戦の激指の解析が見たい人は、阪田大吉さんのブログへどうぞ! そっちの役割は、阪田大吉さんにまかせた(^^;
阪田大吉さんのブログ、私はいつも本当に楽しみに見てますよ!(^^) 


さて、松尾と甲斐か 松尾がどれだけ甲斐を相手にやれるのか、見ものだ
ん、この解説者、誰? 私の知らない顔ということは、新四段か?と思ったら、横山泰明六段だった この人、目立たないな~(^^; 聞き手は貞升南女流初段だ

松尾は通算83勝112敗 0.426 1回戦で飯野に勝ち 飯野との一戦は相振りで攻め倒して圧倒していた
解説の横山「振り飛車党で、先後ともに最近は中飛車を多用している」

甲斐は通算206勝117敗 0.638 1回戦で岩根に勝ち 岩根との一戦は相振りで圧勝、ボロ勝ちしていた
横山「デビュー当時は振り飛車党だったが、最近は居飛車も多い オールラウンダー」

2人の対戦成績は、松尾1勝 甲斐3勝とのこと

先手松尾で、相振り飛車になった ▲三間飛車+美濃vs△向かい飛車vs+美濃だ
駒組み、まだしばらく続くのかと思いきや、角交換から、互いに相手陣に角を打ち合い、難しい将棋になった

双方、角で香を取り合う展開だ 松尾は攻め駒の香を取られたのに対し、甲斐のほうは美濃囲いの香を取られた
普通の感覚ではこれは松尾が有利な取引かと思ったが、そうでもなかったようだ
横山「なるほど~ 甲斐は相振りを指しなれてるなあって感じがします 甲斐はこういう局面の経験があるんでしょう 甲斐のほうを持ちたくなってきました」
おおー、美濃囲いの香を取られても、自分のほうが指せるという大局観! 甲斐、二冠の本領発揮だな

しかし、松尾も引き下がらなかった 狙われた桂を、相手の歩の頭に跳ねる歩頭桂の手筋!
横山「いやー これはすごいうまい手ですねー 急に松尾のほうを持ちたくなってきました(笑)」

その後も、お互いにビシビシといい手が続く レベルが高い、いいねいいねー! 甲斐は強くて当たり前だが、松尾が変な手をやってしまわないので、将棋が引き締まってる 松尾、やるう~

終盤、やはり甲斐が底力を出してきた 松尾の美濃囲い、上と横から迫られて、風前の灯だ 松尾は手駒を受けに投資して持ちこたえたが、これでは今度は攻め駒が足りなさそう・・・  
横山「松尾は攻めきれるかどうか、ギリギリです」
そしたら、甲斐は入玉を狙ってきたー あー そ、それがあったか こりゃー、ダメかもな
松尾、入玉を阻止できるか? 甲斐としては一手でも早く入玉を目指すところだ・・・ 

と思って観ていたら、甲斐はなんと、冷静に銀を殺しにいったではないか! うわー、この終盤、入玉できるかどうかの瀬戸際の局面で、銀を取りに行く手が見えてるのか な、なんという甲斐の冷静さだ

横山が、甲斐の入玉を防ぐ唯一の可能性、絶妙の勝負手を指摘していたが、松尾はそれは指せなかった ああー、勝負手を逃したか まあ、仕方ないか・・・
甲斐の冷静な手は続き、結局、入玉は全然しないまま、松尾を投了に追い込んだ 116手で甲斐の勝ち

横山「松尾の攻めが巧みで、少し指しやすくなったかと思ったけど、甲斐が非常に丁寧な指し回しを見せて逆転した一局」 

いやー、甲斐さん、鮮やか! 手数は116手だけど、もっと戦っていた感じだ 甲斐さん、選択肢が多い場面で、ことごとく間違えなかったなあ 終盤の40秒の秒読みの中でも、なんと沈着冷静だったことか こりゃ、他の女流はちょっとやそっとじゃ、かなわないわ さすが女流二冠! 
一方の松尾も、そんなに悪くなかった よく善戦していたよ 少なくとも、私より全然強かった(^^; プロはこうでなきゃね!

例えば、ゴルフで女子プロだからって、その辺のアマチュアよりヘタだったら、やっぱり見てるゴルフファンは興味をなくすだろう 将棋の女子プロも、まずは強くあってほしい 松尾は今回は負けたけど、充分強かった! 甲斐の底力を引き出していたもんね

甲斐が中盤でやや苦戦しながらも、相変わらずの落ち着きっぷりで、結果的には快勝を収めた どんな形勢でも、全く表情が変わらないねえ さすがに一枚、上手だ 甲斐は準決勝で上田女流三段と当たる