最初に、再度告知です これは観る価値がありそうです
10月25日(土) ETV特集「棋士VS将棋ソフト 激闘5番勝負」(Eテレ23時~)
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/1025.html
今年の春の第3回電王戦を振り返った1時間番組です 
これは面白そうです ぜひ今から録画しておきましょう!

王座戦最終戦第5局、豊島が羽生に負け、タイトル奪取ならず・・・ 終盤ずっと負けムードだったが、最後、一瞬盛り返すチャンスが来たようなのだが、それを活かせず、寄せられてしまった ああー 無念だ 羽生の四冠を崩せず ガクッ

あ、それから、熊坂五段が森内竜王に勝利、という衝撃的なニュースがありましたね うれしいですね!

そして女流王将戦も勝者が決まりましたね 私が毎週火曜に内容をお伝えしている棋戦です
まあ誰が勝ったか書きませんけどね 
色々なページを見てるうちに、私にも伝わってます 将棋関係の色んなブログなどをサーフィンしていては、結果バレは全然避けようがないです(^^; 

ところで女流王将戦に関して、阪田大吉さんのブログで、以下のような記述がありました↓
下記の記事に挑戦者と結果が書かれてありますが、銀河
将棋チャンネルで初めて結果を知りたい方は見ないで下さい。


あの~、「銀河将棋チャンネル」って何かな~ 「囲碁将棋チャンネル」の間違いかな~ これ、爆笑しました 囲碁将棋チャンネルの認知度って、この程度なのかと(爆) もう20年以上歴史があるチャンネルなんだけど、「銀河将棋チャンネル」って言われちゃうのか~ ふ~ん、そうなんだ~(爆) ・・・orz
(しかし、これが私の誤解であることが後に判明 記事の一番後ろに書いてます)

さて、気を取り直して(^^; 囲碁将棋チャンネルで放送されてる銀河戦、前期銀河戦は渡辺二冠の優勝で幕を閉じ、10月から第23期銀河戦が新たに始まっています
1回戦のアマチュア4名と女流2名の将棋の内容を書きたいと思います でも、全部を観たわけではありませんけどね

Aブロック1回戦 中島灯希アマvs村中秀史六段  これは全部観た
16歳の高校1年生、中島アマが村中に挑んだ ▲中島アマのノーマル三間+穴熊vs△村中の居飛穴
双方銀冠穴熊まで組んだガッチガチの持久戦となった 
この一局、村中は本気だった 中盤で村中は優位に立ってから、もう激辛の手を連発
何しろ終盤、自玉を金銀で埋めまくり、金銀6枚の銀冠穴熊を作り出していた もう、壮観だった(^^;
中島アマを圧倒して村中の完勝 118手で村中の勝ち
「これがプロの実力だ、力をつけて出直して来い!」という村中の声が聞こえてくる、そんな内容だった

Bブロック1回戦 三枚堂達也四段 vs 水谷 創アマ これは観なかった
対局開始前に、手数が長くなったので編集した云々、というテロップが出て、もういいや、と思った(^^;
▲三枚堂の居飛車vs△水谷アマの力戦振り飛車 三枚堂の攻めを受けきった水谷アマが入玉を確定させて176手で勝っていた

Cブロック1回戦 木下浩一六段 vs 香川愛生女流王将 これはちゃんと観た
相振り飛車になった 序盤、香川が相当模様が良くなったと思われたのだが、香川がなぜか攻めに行かない ずっと技をかけるのを躊躇(ちゅうちょ)している 
香川が攻めを見送っている間に、木下の攻めのほうが間に合ってきて、香川、攻められピンチ 香川、玉の早逃げをしたが、その後すぐに玉を戻して顔面受け、これでは、どう考えても変調・・・
あー、こりゃダメだ、と思われたのだが、木下もぬるい寄せ方をして、局面、またヨリが戻った 
しかし、最後は木下が一手勝ちを見切って、香川、無念の投了となった 131手で木下の勝ち
うーん、香川、作戦勝ちの後、何で決断して攻めなかったのか 悔やまれる敗戦となってしまった 観ていた私も残念だ

Eブロック1回戦 牧野光則四段 vs 甲斐智美女流王位倉敷藤花
▲牧野の居飛車の2枚銀押さえ込みvs△甲斐のゴキゲン中飛車
難解な中盤が繰り広げられ、甲斐は力を出していた 飛車交換のさばき合いになったところ、ちょっと牧野のほうが良さそうだが、まだ甲斐もやれるのでは、と思ったが、ここからの終盤で、牧野が力を見せ付けた 全く淀みない最短と思える見事な寄せ方で、甲斐の美濃囲いを一気に攻略した 91手で牧野の快勝 
これはホントに見事だった 牧野と言えば、全く目立たない存在と思うのだが、やはり若手、地力がある・・・ 甲斐としては、もう仕方のない負けだったと思う 男子プロの若手、恐るべしという一局だった

Fブロック1回戦 所司和晴七段 vs 今泉健司アマ これは途中までは観た
プロ編入試験を受けている今泉アマの登場 先手所司で、後手の今泉アマは2手目△3二飛戦法 それに所司も工夫をして、右四間飛車で立ち向かった これが成功し、所司がリードしたのだが、今泉アマが中盤で力を発揮して形勢混沌 そして長い戦いが延々続き、160手の長手数で今泉アマが押し切っていた

Gブロック1回戦 大島映二七段 vs 小林 悟アマ これはまだ放映されていない

16歳の中島アマに対する村中の本気、これは観ていて面白かった
女流2人が負けて残念だが、いつものことなので、まあ仕方ないか・・・
甲斐さんの負け方はしょうがなかったと思うが、踏み込みを欠いた香川さんは悔やまれるなあ
こんなところですね 「囲碁将棋チャンネル」がもっとメジャーになりますように(笑)

・・・と思いきや! 銀河将棋チャンネルっていうのがホントにある!? 
今年の初めくらいから、ニコニコ動画で配信されているサイト! 囲碁将棋チャンネルの内容がPCなどで観れるというものか・・・ 知らんかった! 阪田大吉さん、ごめん! だけど、囲碁将棋チャンネルのHPには銀河将棋チャンネルというサイトができたっていう告知は全く見当たらなかったが(^^; そうかー、そんなサイトが今年できていたのか 阪田大吉さん、すまんかった!