上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今からさかのぼること8年前の2006年、当時18歳で四段になったばかりの糸谷は、
新人王戦で優勝したときの謝辞でこうコメント
糸谷「いまの将棋界は斜陽産業。僕たちの世代で立て直さなければ」 (ウィキペディアより)

少なくともこれから1年間は、糸谷の発言は竜王としての発言になる
コンピューターに負けたことをきっかけに、迷走しはじめた将棋連盟を、糸谷、立て直してくれ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。