金井恒太 五段vs橋本崇載 八段 NHK杯 準々決勝
解説 松尾歩 七段

今日はハッシーの登場、応援するぜ~ 解説の松尾、髪型がたっぷりウェーブをかけたベートーベンみたいな風貌になっているな(^^;

金井はオーストリアのウィーン生まれ 2007年四段 竜王戦5組 C1 4回目の本戦出場
1回戦で阿部光瑠、2回戦で久保に勝ち 3回戦でのvsタニーは、タニーはまだ指そうと思えば続けられるところでの潔く投了した一局だった

ハッシーは2001年四段 竜王戦1組 B1 10回目の本戦出場 
1回戦で土佐、2回戦で郷田に勝ち 3回戦でのvs畠山鎮では、ハッシーは絶好調で完勝している

松尾「金井は居飛車の正統派、ハッシーがどういう作戦で来るか 2人ともきれいな将棋を指す」

事前のインタビュー
金井「橋本八段は居飛車、振り飛車、両方指されますし、とても多彩な将棋と思っています バランスの良い棋風と思いますけど、特に的確な受けが持ち味かなと思っています 橋本八段の戦型予想が難しいので自分自身の対応力が問われると覚悟しています 解説が日頃お世話になっている松尾先輩なので、良い内容の将棋が指せたらと思っています」

ハッシー「金井五段は居飛車の正統派という印象です それと同僚の結婚式でピアノを弾いていて大変うまいなと感心しました 金井五段が正統居飛車党なので、本局は相居飛車で指したいと思います あ、いややっぱり振り飛車にしようかな いや居飛車にしようかな いやいややっぱり振り飛車にしようかな いやーどうしようかなー う~~ん迷う、うん、ここはでスね、あのー、棒銀で行こうと思いまスー」

聞いていた松尾「最後は加藤先生ですかね 持ちネタみたいになってますけど」
清水「棒銀になりそうでしょうか」
松尾「ならないと思います」
ここは笑った 松尾が棒銀にはならないと断言(笑)  ハッシー、それくらいでいいよー ファンサービスしすぎたのが原因で負けたらもったいないからね もう準々決勝だからね

先手金井で居飛車、対してハッシーは4手目△9四歩から、角交換四間飛車だった
マンガの「月下の棋士」で2手目に氷室将介が△9四歩と指すのを得意としているが、あれもある手なんだろう すごいことだ

2人の対戦成績は、金井0勝、ハッシー1勝とのこと

清水「ハッシーは今期NHK杯ではここまで全て振り飛車でした ハッシーは現代感覚特有の切れ味鋭い指し口の振り飛車を身につけたいとおっしゃってました」
うむうむ、いいんじゃないかな 居飛車党本格派というのは、もうめっちゃいっぱい居るんで、その集団から抜け出すのは難しいと思うからね

序盤、盤面を左右にきれいに分けて考えるタイプの戦いになった
松尾「(先手から見て)右側はハッシーの勢力圏 金井はその分、左側に勢力を張っている」

1歩得していたハッシー、巧妙な自陣角で、さらにもう1歩得に成功
そして、金銀分裂型のため、離れていた銀があったのだが、それを、サッと引いて形良く自陣整備!
さらにこれが飛車の横利きを通し抜群に味がいい! おおー、さすが、感覚が良い!
これは、こういう手が出るということはハッシー有利か? 好調ではないか
松尾「こういうところに目が行くのが、ハッシーのセンスの良さを感じますね パッと見、ハッシーを持ちたい」

ハッシー、その引いた銀をさらにもう1回引き付けた これも・・・ ハッシーらしい、手堅い!
松尾「この辺がうまいな ハッシーらしい流れ 無理をしないで着実に少しずつポイントを上げている」

松尾「金井はうまくがんばる手がないとかなり厳しい 踏みとどまれるか」
そしてハッシーの手がしなった 盤上に、温存していた角をパン!と駒音高く放った どうだ、といわんばかりの角だ

金井は延命策に出たが、あまり将来の展望はなさそう 金井のほうが余っていたはずの残りの考慮時間も、いつしか逆転、こりゃー、ハッシー押せ押せだ

が、金井も最後の突撃を繰り出してきた そうか、端の桂香を拾ってまだ勝負形に持ち込む気か
松尾「ハッシーにしてみれば嫌な感じの手」
ハッシー、がんばれー ハッシーの実力があれば、ここからなら十中八九、大丈夫なはず・・・

ここでハッシーが面白い手つきで駒を置いた 駒台の歩を相手の玉頭の退路封鎖に置いたのだが、無造作につまんで「よいしょ」というド素人しかやらないような駒の置き方(笑)  これが決め手となった!
けっこう攻め合いになったか?と思われたのだが、ハッシーは、いともあっさり寄せてしまった
鮮やかに寄せて、金井玉を斬って落とした 102手でハッシーの快勝!

松尾「ハッシーが序盤で稼いだポイントを広げて、丁寧な指し回しで勝ち切った ハッシーの巧みさが出た将棋だった 金井としては力が出しにくい将棋だった それだけハッシーがうまく指し回した」

やったー、ハッシー勝ったー 快勝か、完勝というべきか 最後の寄せは相変わらず鋭いね 流れがずーっとハッシーの将棋だったから、けっこう安心して観ていることができたよ ハッシーはそれだけ安定感あるもんねえ
あの、中盤で銀を2回引いた手、あれはハッシー将棋の真髄だったな 銀を自陣に引き付けて形を直して模様を良くする、いかにもハッシーらしい手だった ちょっとずつポイントを広げて勝つ、ハッシーのいいところが出た一局で、準決勝進出だ! 準決勝の相手は行方か 強敵だが、勝てるか!? 私はハッシーの優勝を期待しているが、結末はいかに・・・