新棋戦の名称が決まりましたね 叡王戦(えいおうせん)ですか
まあ、いいんじゃないですかね この間、私はネットで色々な意見を見ました
すると、「帝」の文字は「みかど」を意味し、「王」の上だからダメだという意見がありました
的を得た意見ですね これで「天帝戦」と「抗帝戦」、「棋帝戦」は消えました 「棋帝戦」は読み方が「棋聖戦」に似ているのでダメという意見も的確ですね
「神」の字が入っている「棋神」もやはりダメです
一般棋戦なのに、「王」の上にくる「帝」と「神」が入っていてはダメなのです

となると、残りは「覇王戦」「叡王戦」「賢王戦」「仁王戦」 この中からなら、私は何でもいいです
それか、思い切って「一刀座戦」です 一刀座でも良かったですよ 
なぜかというと、よく考えたら、どうせ3年しか続く予定がない棋戦、まあ、何でもいいんじゃ・・・
(追記・上記の書き方は私の間違いでした 川上会長が「最低3年間は続けたい」と言っていたのは、第1期電王戦のことだったんですね、私は叡王戦のことと間違えて受け取ってました 叡王戦はずっと続く可能性があるんですね)
叡王戦、無難じゃないですかね ただ叡の字って、日本人の何パーセントが漢字で書けるんでしょうか  私は今練習しました(^^;

ところで、何が何票だったのか、なんで集計結果を見せてくれないんでしょうか 投票で叡王戦が一位ではなかったのでしょうかね 

日付がちょっと戻って、先日の私と父との会話
私「今度、プロの新棋戦があって、名前を募集してるんだけど、何か良い名前はないかな? 優勝したプロは、コンピュータと戦うんだ」
父「『玉砕戦』 『いけにえ戦』 『かないません』 『勝てません』 『ありません』 『申し訳ございません』」
私「ぶわっはっは」


さて、羽生四冠と渡辺棋王がエントリーしないんですってね まあ、しょうがないですね
というか、なんで154人もエントリーしたのか 第2回で三浦がイヤイヤ出場させられたり、FINALで立候補が村山たった1人だったのは、一体なんだったのでしょうか 「赤信号、みんなで渡れば怖くない 車にひかれるのは1人だけ」状態なんでしょう、きっとね
そうじゃなかったら、こんなにエントリーしないでしょう

渡辺棋王には、私は本当に心から感謝してますよ このブログが始まったのが2007年9月です 渡辺竜王(当時)がBonanzaと戦って辛勝したのが2007年3月 あのときもし負けてたら、プロ棋界はどうなっていたことやら・・・ そのときは私のブログも、平穏なときを過ごせなかったでしょう
羽生四冠がコンピュータと戦うときが来るのか、それはまだ今後の、お楽しみですね