戸辺誠 六段vs 山崎隆之 八段 NHK杯 1回戦
解説 広瀬章人 八段

今日は戸辺と山崎か 戸辺の振り飛車、山崎の変則流が見れると思うとワクワクするなあ

戸辺は2006年四段 竜王戦4組、B2 予選で村中、佐藤紳哉に勝ち 3回目の本戦進出
山崎は1998年四段 竜王戦1組、B1 予選はシード 15回目の本戦進出

解説の広瀬「山崎は関西の才気あふれる棋士 力強い玉さばき、発想力が同じプロから見ても感心させられる
戸辺は若手の振り飛車党を代表する棋士 戸辺攻めという言葉があるんですけど、低い陣形で攻めまくる感じ、迫力があります」

事前のインタビュー
戸辺「予選のトーナメントを抜けたのは今までで初めてだったので、勝ったときはうれしかったです 山崎さんは見た目はさわやかなんですけど非常~に力強い玉さばきを得意としてまして、私のほうはそれに負けないように、振り飛車で攻められるようにがんばりたいと思います」

山崎「戸辺六段は年下で後輩なんですけど、すごく普及に熱心で、人柄もすごいので、先輩という印象の人ですね 戸辺攻めと言われる攻めが強力でそこもこわいなと思ってたんですけど、序盤がすごくうまいので、負けないようにしたい
この一回戦しか対戦相手を知らないので、この一戦に全力を尽くしたい」

広瀬「山崎は相手が振り飛車のときは、ものすごく独創的な対策をすることがあるので、展開予想は難しい」

先手戸辺で、3手目▲7五歩から石田流を目指した 山崎は△1四歩から駆け引きしている
振った戸辺に対し、山崎、なかなか態度を決めないな、と思っていたら、なんと1筋の端を、スズメ刺しで急襲の狙い!
戸辺の玉は美濃囲い、玉も3九まで来ている もう金無双にはできない 
おおお~、こりゃ、早くも山崎の作戦がハマッたか? 端で早々の大乱戦が開始されるか、とワクワクしていたのだが・・・

そこからお互い、じっくり駒を運んで、戦いが起こらないではないか
お互いに駒組みで様子を見ている あら~、拍子抜けの展開・・・

雑談で、広瀬「戸辺は中飛車で定跡を作り上げてきた一人」
広瀬「森内さんは同門ですけど、森内さんくらいの格になっちゃうと気楽に練習将棋を申し込むにはいかないですから」
ここは面白かった 広瀬ほどのプロでも森内には声をかけづらいのか(笑)

▲戸辺の石田流で浮き飛車+本美濃vs△山崎の端でスズメ刺し狙い+高美濃、になっている
長い序盤だったが、番組開始から42分、ようやく1筋から戦いが始まった

戦いが少し進むと、山崎の飛車が詰んだではないか 飛車香交換が避けられない まだ飛車を捨てるには早いと思える段階だ
これが相振りの戦い方なのか いや、やはり飛車を取られたのは痛いのでは? 山崎の攻めがつながるのか、心配だ
広瀬「最初に予想した、攻めと受けの構図が逆になっちゃいましたね」
▲戸辺の受けvs△山崎の攻め、になっている

清水「山崎八段は常々、自分の指したい手、思っている手を指していきたい、たとえ危険があろうと、何があろうと、とおっしゃっていました」
広瀬「山崎将棋にロマンがあるのはそういうところですね」
眉間(みけん)にしわを寄せて考えている戸辺、ほっぺたを膨らませている山崎

広瀬「お互いの読み筋がぶつかっている感じですね」
清水「どちらが読み勝っているんでしょうか」
広瀬「現段階ではわかりません」

山崎は、私の心配なんか無用で、なんだかんだで攻めをつなげている
そしてそんなとき、感想戦でわかったことなのだが、戸辺が受けで失敗したらしい
なんと、戸辺は玉頭を守っていた銀をボロッと取られて、成桂を作られてしまったのだ
ええーー、いくらなんでも、この取られ方はマズイんではないのか こんな取られ方、プロの将棋ではあんまり見たことがない
これはさすがに決まってしまったのではないか 私はメモに「なにこれボコボコやん」と書いている(^^;

広瀬はもっと形勢をハッキリ言ってくれたら良かったのだが、
広瀬「一手のミスが命取り 観ている側には面白くなりました」と言っている
たしかに、戸辺が攻め合いに持ち込み、追い上げているように見える 戸辺は歩だけで山崎玉を乱した後、左桂を跳んで、しっかり活躍させた この歩の使い方から桂跳ねは「これが指し慣れている人の手順か」と私が感心した構想だった

山崎、攻め立てているが、秒読みで9を読まれてから、迷って手が泳ぐ、危ない場面が見られた
清水「ホントにギリギリの終盤になりました」
広瀬「未だにどっちが勝っているかわかりません」

今何が起こっているのか、非常に把握が難しい、というか素人では理解できない難解な局面が秒読みで続く
山崎が受けに回った手が、広瀬には評判が良くなかった
広瀬「山崎がギリギリ勝っていそうだったけど、逆転したかも」
ええー、山崎、これを負けるのか あの玉頭の銀をタダで取れた、あの局面から? 

そして戸辺の攻め、止まることがなかった 結局、戸辺は自陣から銀を繰り出すことが全くなく、歩、飛車、角、桂だけで手を作ってしまった 戸辺は玉さばきも、早逃げでしっかりしており、抜け目がなかった 119手、戸辺の勝ちとなった

広瀬「序盤早々、なかなか見ない形になりまして、ギリギリの攻防が続いていたと思うんですけどね 終盤に差し掛かったあたりではどっちが勝ちかわからない、最後まで目の離せない名局だったと思います」

う~ん、広瀬は名局と言ったが、指しているのがアマチュアなら名局だろうけど、これは山崎にとっては自分のミスによる痛い逆転負けではなかったか 山崎のレベルでは勝ちきらないといけない内容だったと思う 選択権がかなりあったからなあ 手が広くて難しかったか 終局直後、山崎が「ひどかった」と言っていたが、事実、そうなんだろう

終盤、何がどうだったのか、感想戦が頼みの綱だったのだが、3分しかなく、消化不良の感はぬぐえなかった
どうも、山崎が要らない王手をかけすぎて、戸辺玉を逃がしちゃった、ということだった そうだったか・・・
山崎は先日の1分切れ負け将棋で、見事な終盤の指し回しを見せていただけに、やはり今回の内容では私は物足りなかった

今週は内容が難しく、対局中は終盤がドタバタで理解不能という(^^;
来週は甲斐女流二冠の登場だ 甲斐さんの善戦を期待している!