羽生と渡辺の記念対局が囲碁将棋チャンネルであった
羽生と渡辺の対戦成績は、羽生31勝、渡辺34勝とのこと (対局日の6月6日現在)

私は録画していたつもりだったのだが、番組の冒頭が録画されていなかった なぜだろう?
再放送で補完することになった 番組の冒頭、これまでの銀河戦の優勝者へのインタビューや、羽生と渡辺の対局室の入室シーンがあったりして、けっこう貴重だった
羽生も渡辺も和服で登場、盛り上げようとする番組制作側の意図が伝わってきて、良かったよ

解説は郷田王将、聞き手は清水女流
先手羽生で、相矢倉の持久戦になった 羽生が飛車を中飛車にして、金を上げてきて中央突破を図る
渡辺は棒銀がさばけずに、どうにも苦しそう これ、もう終わってるんじゃないの? どうやって渡辺は五分の分かれに持っていくんだ? と思っていたら、ここから渡辺の「細い攻めをつなぐ技術の高さ」が炸裂した
焦点の歩、羽生の玉頭に歩を合わせる、飛車の転換などして、攻めがつながるように持って行った~

危なくなった羽生、もう受けきれない、これは渡辺の一手勝ちが濃厚、後は手続きか しかし両者秒読みが続いている
いよいよもうあと数手で投了か、そのとき羽生に、気づきにくい絶妙の飛車浮きでの受け!
解説の郷田も絶賛の一手だった これに渡辺が対処しきれずに、羽生が「羽生マジック」で逆転勝利を収めた

いやー、これは見ごたえあったな 一局の総評を聞かれた郷田は「何も言うことはありません」と言っていたが、感想戦にはしっかりと「こうやれば渡辺さんが勝っていたんじゃないですか」という指摘をして、存在感を見せていた(笑)
個人的には「渡辺の細い攻めをつなぐ技術の高さ」が見れたのが良かったわ もう私なら投了を考えそうな、抑え込まれた局面から見事に攻め駒を活用して勝ち筋まで持っていくんだからね
羽生マジックが見れたのも、もちろん良かった  エキジビジョンで盛り上がるだろうか、と思ったが、両者が得意の矢倉を採用したこともあり、存分に力を出していた とても盛り上がったと思う