船江恒平五段 vs 広瀬章人八段
対局日:2015年6月5日
解説:稲葉 陽七段
聞き手:井道千尋女流初段

うわー、また解説者に顔がホームベース型の人だ~(笑)
対局者に船江と広瀬、船江は電王戦でおなじみになった 広瀬は今、羽生との王位戦を戦っているね

稲葉「船江は筋が良く、攻めが得意 広瀬は最近本格居飛車党 終盤が鋭い」

先手船江で、角換わりの相腰掛け銀
後手の広瀬が専守防衛型の構えを取り、持久戦になった 
それもすごい持久戦になり、なんと、両者穴熊に潜るという、かなりめずらしい展開だ
稲葉「まさか相穴熊になるとは思わなかったですね」

30分以上駒組みをしていたが、広瀬から攻めていき、ようやく戦闘開始となった
聞き手の井道女流、この一局を通して何度も「稲葉七段ならここではどういうふうに指してみたいですか?」と聞いていたが、たまには自分の意見も言ってくれると良かったね 女流の意見というのはアマに近い思考なので、それはそれで参考になるのよね

両者攻め合いに出て、面白くなった 先手船江の露骨な1筋の端攻めが間に合うのか、それとも後手広瀬の9筋8筋を連動させた攻めが優るのか?
稲葉「広瀬の攻めが迫力がある」 局面進むにつれ「広瀬としては指せている感触はあると思う」 「広瀬快調」
井道も感心し、「短い持ち時間の中で広瀬はこの攻めの組み立てを考えられてたんですね」

船江は穴熊から玉を這い出して、どうにか逃れようとするが、広瀬の追撃は止まらない
船江はもう防戦一方 しかし私には広瀬の寄せ方が正しいのかわからない これで船江玉が寄ってるか~?

広瀬はズバッと角を切り飛ばして、ラッシュをかけた
稲葉「ちょっと見えづらい寄せ方」
船江、粘れ~、と思っていたら、なんと船江、簡単に一手負けする順を選んだではないか もう、ものすごく単純な一手負け
あっという間に船江は詰まされ、広瀬の勝ちとなった 106手で広瀬の快勝
うわー、船江、これは・・・ 完敗と言っていい内容だったな・・・

稲葉「船江の端攻めを、からぶらせる広瀬の構想がすごいうまかった」

感想戦で、船江「後ろ向きな作戦すぎた」 う~ん・・・ 積極性がない作戦で、受け身になり受け間違いが敗因とのことだった
船江は、▲1五歩の仕掛け~▲1四歩の取り込み~▲1三歩成と攻めたのだが、ことごとく広瀬に無視されての攻め合い負け
こりゃー、もう完敗を認めるしかないね

一方の広瀬は、さすがの攻めの切れ味を存分に発揮していた 飛車、角、桂、香、歩という攻め駒総動員で、圧倒して攻め倒してしまったという一局だった 広瀬としては攻め駒がすべて活用でき、気持ちのいい勝ち方だったと思う
広瀬のいいところばかりが出たなあ

広瀬が貫禄を見せつけ、船江を寄せ付けなかった一局だった