清水市代女流六段 vs 村田智穂女流二段
対局日:2015年6月10日
解説:村山慈明七段
聞き手:斎田晴子女流五段

毎週火曜は、囲碁将棋チャンネルで土曜に放送があった女流王将戦の感想を書いている
今回はおなじみの清水さんが登場~ 対するは関西所属の村田さん 村田さんの顔はよく知っているが、どんな将棋を指すのか?

清水のこれまでの実績は、576勝232敗で、勝率0.713だそうだ タイトル通算は43期!
村田の実績は118勝108敗で勝率0.536 タイトル獲得はなし
2人の対戦成績は清水の2-1だそうだ

解説の村山「清水は女流の第一人者 最近、棋風を変えているのか、受けに回るのも見られる、バランスのいい棋風
村田は居飛車党で攻め将棋 王様をしっかり固めて細い攻めをつなぐ、現代感覚の将棋」

一礼して対局が始まったが、清水の礼の仕方のカッコいいこと! 武士の作法のようだ さすがに茶道が趣味なだけある

雑談で、清水の最近の趣味は折り紙とのこと カブトムシやバラの花を折っているという情報があった
まああんまり将棋とは関係ないけど(^^;

さて、先手清水でおなじみの居飛車、対して後手の村田が右玉という、これまた一部のアマに根強い人気のある作戦を取ってくれた これは楽しみだ、女流はこういう戦型が多いからいいねえ
村山「右玉は指しこなすのが難しい戦法」

駒組みが飽和状態になった
村山「お互いに動かす駒が難しいが、序盤は村田が主導権を握った」

1筋の端で香交換を村田が挑んだところ、清水が持ち駒の歩を使って、香をタダ取りしようとした
そこを、村田が清水の歩切れにつけこんで、強襲に出た! うわ、これ面白いな、だまし合いになってる、どっちがだまされたんだ? 清水が困ったかに見えたのだが、じっと辛抱して我慢!
斎田「清水の好きそうな手です、清水は手数が長くなるのを苦にされないです」

こりゃーまだまだ難解な中盤か、と思われた、そのときだった 村田に意表の桂打ち込み一発!
これが解説の村山をして絶賛せしめた一手だった
村山「いやー、この桂はいい手だったんじゃないですか! よく気づきますねー!」
相手の角を捕獲するのが狙いの、それだけが狙いの一手なのだが、よほど読みを入れないと成立しているのがわからない手だ
村田、やるう、すごい! この桂の打ち込みはコンピュータが好きそうな手だね~

清水も耐える、村山は「清水の受けの力を見ましたね」とまた称賛、しかし村田も村山が解説したとおりに攻めてくる
両手で頭を抱える清水 うお、これは力が入った好局になってるな、面白い

村田はついに清水の陣形を食い破ることに成功、押せ押せムードだ ただし、清水もまだがんばってる
村田、このままゴールまで行けるか~?
村山「駒割りだけ見ると、清水の角損」

清水が猛攻をかけ、村田は玉を三段目でひたすら横移動させてふんばっている そしてやっと手堅く受けきった、かと思われたのだが、まだ追い込む清水
村山「まだ清水ももう一勝負できそうですね」
そうとうにレベルが高い、楽しい~
そして、ついに村田が清水玉を捕らえた 最善と思われる寄せ方で見事に寄せきった 134手で村田の勝ち
うおおー、村田、やったー 大金星!

村山「序盤から村田がポイントを上げて、清水の歩切れを突いた好手があり、さらに桂打ちの見えづらい好手があり、あれで攻めがつながった 清水が追い上げたが、村田がしっかり逃げ切った」

これは村田さん、会心の一局だったね 内容だけで言えば、村田の生涯のベスト10に入ってもおかしくないのではと思えた
清水さんとしては、もう本局は相手が強かったことを認めるしかないだろう
清水が弱かったんじゃない、力を出せなかったんじゃない、村田が清水の力を完全に上回ったのだ

村田の素晴らしい内容、これはお見事! 攻めに受けに、右玉を存分に指しこなしていた 村田智穂ここにあり! パチパチパチパチ
まじで、村田は本局のような指し回しがこれからも出来るのなら、女流王将を取れるね すごかった、今後もこの調子で!