豊島将之七段 vs 北浜健介八段
対局日:2015年6月24日
解説:三浦弘行九段
聞き手:長沢千和子女流四段

若手ホープ豊島と、渡辺に勝った北浜との対戦

解説の三浦「豊島は手堅い棋風でスキがない 北浜は攻めの切れ味が鋭い」

先手豊島で、居飛車超速▲3七銀の2枚銀急戦vs△ゴキゲン中飛車+美濃になった

駒組みが一段落したところで、北浜が5筋から揺さぶりをかけてきた 
意外に豊島としては対応が難しい、どうする・・・と思っていると、豊島は思わぬところに歩の垂らしを指した
今攻められた5筋に歩の垂らし、これが豊島の研究手だったようだ 
一見何の意味かわからないが、考えるほどに確かにいい手に見えてきた これは盲点になる手だなあ
今度は北浜が悩む番となった 北浜、なんと異例の大長考、15分ぐらい考えていたんじゃないだろうか
北浜は結局、飛車切りからの大勝負に出た それは三浦が「これではちょっと単調なんで」と言っていた手だ

一直線の攻め合いとなった 忙しそうな局面だったのだが、豊島は▲2四歩~▲2三歩成の飛車先突破を間に合わせるという、実に落ち着いているね 

北浜の猛攻が始まった、豊島は耐えてるか、どうか、どうか・・・? 豊島に歩が一歩あったのが大きく、ギリギリ耐えてるようだ
もちろんこれが豊島の読み筋であることは明らかだ

攻めが足りないとみた北浜、端歩を突いて延命策、さらに米長玉にして延命策、美濃囲いのテクニックを駆使して粘る
どうやら北浜がワナを仕掛けているようだ 
もう双方30秒将棋に入っており、三浦は符号でブアーーっと15手ぐらい先を解説するのだが、私は全然理解できない(笑)

混迷しかかった終盤だったのだが、豊島が自陣の8九の桂を▲7七桂~▲8五桂と活用したのが決め手となった
豊島は慌てるそぶりが全然なかった 91手で豊島の勝ち

三浦「終盤、北浜があやしい勝負手を出して、ふつうの棋士なら引っかかってしまったかもしれないですけど、豊島は正確に見切った ▲7七桂がいい手だった」

この一局、豊島のいいところが存分に出たね 序盤が終わってすぐの歩を垂らした研究手、あれが勝因だ 
北浜は15分ぐらい長考して勝負に出たけど、結局届かなかった 
中盤でも飛車先突破の▲2四歩~▲2三歩成が間に合うと判断した大局観 
そして終盤での北浜が仕掛けたトラップ回避する術
序盤、中盤、終盤、スキがない豊島の快勝譜だった

北浜としては研究で負けていたので、もうしょうがない感じだった
豊島は終盤の落ち着き感が半端ないわ 慌てているところを見たことがない

これでベスト4が出そろった 天彦vs屋敷 深浦vs豊島 個人的に注目はやはり天彦だ