週刊少年ジャンプ連載の将棋マンガ、「ものの歩」
その話の中で、主人公が作戦を「矢倉だけ」に絞って戦う、と言い出して、どうなるかというのが今のところの進行です

矢倉には振り飛車が天敵と言われています
どういうことなのか、私が勝手に進めてみました
以下をKifu for Windowsに取り込んでみてください

先手:居飛車の矢倉
後手:振り飛車の高美濃 
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3五歩 ▲6八玉 △3二飛
▲4八銀 △6二玉 ▲7八玉 △7二銀 ▲7七角 △7一玉
▲5八金右 △5二金左 ▲6七金 △6四歩 ▲8八銀 △7四歩
▲6八角 △7三桂 ▲7七銀 △6三金 ▲8八玉 △8五桂
▲8六銀 △6五歩


矢倉って、対振り飛車の場合、右辺で飛車角をさばき合ったあとの、横からの攻めに弱いです
そして、上記のように高美濃を相手にしたときの縦からの攻めにも弱いんです
中盤で一方的に受け身になりかねません これをどう克服するのか・・・

ちなみに、私は矢倉は初心者に教えるべきではない囲いのナンバー1だと思っています
完成までに手数がかかりすぎるし、8八の地点に玉が行くのは相手の角筋に入って危険だし、
矢倉崩し右四間で一方的に攻められることを覚悟しないといけないしで、全面的に受けに回る覚悟が要る作戦だからなんです
初心者は、攻めたい人が多いんじゃないですかね 
相手も矢倉の「相矢倉」になれば、受けの作戦とは言えなくなるんですけどね
矢倉は何より、私のおじいちゃんの遺言、「心臓止めても角道止めるな」に反してますから、私が指導者なら初心者には絶対おすすめしません

でも、主人公の信歩君は、もう初心者ではないようです
その彼が矢倉と決めたんだから、まあいいんじゃないかな、と思って読んでます
今後の展開に多少の無理があっても、まあマンガだからしょうがないか、というところです


ちなみに、クイズです 
Q.居飛車の矢倉と振り飛車の穴熊、どっちが手数がかかるでしょうか?
ちょっと考えてみてください
答えは、以下をKifu for Windowsに貼って確かめてください

先手:居飛車の矢倉
後手:振り飛車の穴熊
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4二飛 ▲6八銀 △6二玉
▲7八金 △7二玉 ▲5八金 △8二玉 ▲6九玉 △9二香
▲7七銀 △9一玉 ▲7九角 △8二銀 ▲6七金右 △7一金
▲6八角 △5二金 ▲7九玉 △6二金寄 ▲8八玉 △7二金寄
▲5六歩

最後の▲5六歩は必要な一手だと思いますんで、答えは、なんと矢倉のほうが手数がかかりました!
矢倉13手、振り飛車穴熊11手(角道を開ける手を含まない場合)です
なお、居飛車穴熊は12手で組みあがります
穴熊よりも手数がかかる矢倉、これでは囲う途中で狙われても仕方ないですね