自分の復習のためにも、解説をつけてみました 柿木で見てください

ファイル名:原始棒銀受け方の一例.kif
開始日時:07/12/05 22:57:53
棋戦:レーティング対局室(早指し)
先手:Gizumo
後手:1級の人

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8四飛 ▲3八銀 △7二銀
▲2七銀
*棒銀で行ける所まで行ってみることにする
△7四歩
*次に△7五歩とされてしまうと、角が使えなくなる
▲7六歩
*この一手は絶対手
△9四歩
*のちに角交換になることを予想して、▲9五角の王手飛車を防いだ手
▲2六銀 △3四歩 ▲2五銀
*はたしてどうなるか
△7五歩
*飛車の横利きを通す
▲同 歩
*取らないで、▲2四歩もあったかもしれない
*それも一局だと思う
△7三銀
*これは攻めの手なので、ちょっと違和感がある
*そこで、次で技を仕掛けてみた
▲7四歩
*どう対応するか?△同飛なら角交換から▲8三角がある
*△同銀は飛車の横利きが止まる
△同 銀
*△同銀だった ここで次に▲3四銀は、△8八角成▲同銀△6五銀▲2三銀成のとき、△2七歩~△4五角で、飛車銀両取りがかかって後手良し
▲2二角成 △同 銀 ▲6六角
*これで攻めてみた
△8二飛 ▲2四歩
*とにかく攻めると、どうなるんだろう
△同 歩 ▲同 銀 △5四角
*ぐはっ急所の角打ちだ
*次に△2七歩は先手困る
▲2六飛 △2八歩
*これもうまい ▲同飛なら△2七歩で受け切られる
▲2三歩 △3一銀
*これが悪手だろう △3三銀▲同銀成△同桂で、次の△2五銀を見て、後手良しだろう
*△5四角は、覚えておきたい一手だった
▲1一角成
*以下、乱戦になるので省略
△2九歩成
&読み込み時表示