2016.03.10 AlphaGoが2連勝
囲碁プレミアムで高尾九段という人の解説を聞いていたのですが、
序盤~中盤までは「白(セドル側)良し」を繰り返していました

終盤になって局面が差し迫ってくると
高尾「今まで、何の解説をしていたのか」
高尾「なんでこれでセドルさんに勝てるのか」
高尾「下辺がでかいと思っていましたけど、そんなことなかったですね」
高尾「これで強いんですね、よくわからないですね」
高尾「AlphaGoはこの手がいいとかいうのはなかった、なんとなくまとめる能力が高いんですね」
高尾「AlphaGoは疑問な手が多かった、人間側の形勢判断がずれてしまいますね」

それで結果はコンピュータの勝ち

昨日の石田芳夫九段も、そんな感じの解説だった・・・

これ、電王戦で三浦八段がGPSに負けたときとおんなじじゃないですか
もう、プロには理解不能な手をやってこられて、上回られているという構図が同じ

セドルさんはここから3連勝できるのか?
5回勝負っていうのがツライですね
「Google DeepMind チャレンジマッチ」ということですけど、セドルさんがAlphaGoにチャレンジするという意味だったとは・・・