第65回が終了したNHK杯、ここ5年間の先手番の勝率を調べてみました
ソースはこのおなじみの公式HP→ http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/

このHPをもとに、ひたすら手作業で集計したのです(^^;
(千日手局・持将棋局は無視して、指し直し局をカウント)

1年間で計49局、で、どうなったか

第61回 先手28勝 後手21勝 先手勝率0.5714 後手勝率0.4285

第62回 先手26勝 後手23勝 先手勝率0.5306 後手勝率0.4693

第63回 先手27勝 後手22勝 先手勝率0.5510 後手勝率0.4489

第64回 先手28勝 後手21勝 先手勝率0.5714 後手勝率0.4285

第65回 先手29勝 後手20勝 先手勝率0.5918 後手勝率0.4081

5年間の合計 全245局 先手138勝 後手107勝 先手勝率0.5632 後手勝率0.4367


参考までに、2014年度の男性棋戦の先手勝率が0.527ですので(2015年発売の将棋年鑑による)
NHK杯はそれをかなり上回る数字となってしまいました

渡辺明プロが、ご自分のブログで「持ち時間が短い将棋では先攻の利が大きい」と
発言されているので、それを証明している数字となっていると思われます
http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/d599640939a8e3a91b35c91441bfbb77