面白くて50分があっという間でした 興味深かった点を2つ

絵の分野で、ナレーション「人工知能は創造性も獲得した。自らの発想で絵を描き出す。17世紀の天才画家をよみがえらせた。レンブラントの筆遣い、構図、絵の具の隆起まで3次元で分析。天才の技をマスターした人工知能が350年の時を超えて新作を生み出した。」
な、何だとー いくらでも過去の天才画家の新作を作り出せるということか
それだと、もう画家の存在意義がもう危ないじゃないか
「絵のありがたみ」というものが根本から問われている 恐ろしいことだ
以前読んだ本で、クラシック音楽の新曲をいくらでも作れる機械がすでに存在する話があったが、それとおんなじだろう・・・

命令に従わないロボットの出現
ナレーション「自分の判断で命令を拒絶する」
仲間のロボットが積みあげた空き缶のタワーを、人間が崩せと命令すると、そのロボットは命令を拒絶した
うわー、もうロボットが自立しはじめているじゃないか
いつか人間の上に立って、人間に命令してきそう・・・ 私は恐怖を感じましたね

う~ん、私はマイナス思考になってしまっているのか?(^^;
人工知能が発展すると、いいこともあるんでしょうけどね