今日放映のNHK杯の記事は、明日に回します

電王戦1日目、山崎、初手から▲7六歩と「変化」
千田が「▲2六歩で練習してたのに」と、なげくのが笑えた(笑)
そして1日目終了時で300ぐらいのマイナス評価
ここで私の中ですでに勝敗への興味がなくなった

2日目、藤井と深浦の掛け合いは楽しいが、nozomiの評価が何しろ後手に偏る一方なので、ドキドキする場面がない
山崎、普段どおり指して、ふつーに力負けしたという印象しかない
盛り上がらなかった

記者会見の第2部では、第2期叡王戦への羽生四冠の出場が知らされた
しかし、羽生さんが叡王戦で負けたらどうすんの・・・
「ソフトとやりたくないから、羽生さんはわざと負けた、八百長じゃないのか」と言われかねないで・・・
しかも羽生さんが優勝してソフトと対戦するとしても、来年の今頃まで待つことになる 
そして例のトリプルハンデルール(何か月も貸し出し、20万円しないぐらいのPC1台、ソフトのバージョンアップ禁止)
で戦うのかと思うと、頭が痛い

1日目の来場者85万人というのは、「ドワンゴのギャグ」だったとのことで、2日目は25万人程度だった(笑)

コメントでは、「もうソフト戦はやめよう」という声も散見され、
すでに電王戦というものが「終わっている」のではないかという意見があり、私もそれを強く思っている