糸谷哲郎 八段 vs 菅井竜也 七段 NHK杯 1回戦
解説 井上慶太 九段

糸谷と菅井、若手実力者どうしの一戦  糸谷の早指しに注目だ

糸谷は2006年四段、竜王戦1組、B1 8回目の本戦進出
菅井は2010年四段、竜王戦3組、B2 5回目の本戦進出

解説の井上「糸谷さんは見ててもユニークですし、将棋も独創的ですし、指しても非常に速くてとにかく魅力のある棋士ですね
菅井さんは糸谷さんと棋風も全然違いまして、糸谷さんは重厚な棋風、菅井さんは軽快なさばきの棋風ですね
人生観も対照的な2人」

事前のインタビュー
糸谷「菅井さんは非常に研究家の棋士で、最近は何でも指しこなすようになって、オールラウンダーの棋士
相手の作戦がしぼりきれませんので、自分の将棋を指すことによって戦おうと思います」

菅井「糸谷さんは終盤が強くて重厚な棋風と思っています
一局でも多く勝てるようにがんばりたい」

先手糸谷で、横歩取りの持久戦になった 相中住まいで、これ以上ないくらいのじっくりとした駒組み合戦となった
井上「私は昨年度、NHK杯の2回戦で糸谷さんと対戦したんですけど、うまく指せて、ほぼ必勝やと思ったんですけど、えらい逆転負けを食いまして、ずいぶんファンの方に『なぜあの将棋を』というふうにね、もう何回言われたかわからない(笑) 」
・・・NHK杯は反響が大きい、そこが一番の魅力だからね(^^;

駒組みの最中、糸谷に変な手が出た 8筋を歩で取り込まれて、一歩損して詰められる手が出たのだ
井上「えー これは信じられない、私には理解できない」
のちの感想戦によれば、糸谷のうっかりだったとのこと やはりそうか
ただ、致命傷には程遠い、軽いダメージで済んだとのことだった

菅井が中住まいから玉を8筋方面に移動、そこを糸谷が狙いすまして、9筋からスズメ指し風で攻めを見せる
駒組みがとにかく長い・・・(^^; でも糸谷は手が早いので、それほど時間は経っていない

角交換から角の打ち合いになり、そこでまたも糸谷らしい手が出た 
玉を3段目に上がって、力強い受け
井上「糸谷は中段玉にするのが好きなんです」

菅井、しつように角を打って、糸谷玉をナナメのラインで攻め立てる
井上「これは良い手ですよ、ちょっと菅井の手に勢いが出てきました」

おー、けっこういい勝負だな、と思われていたところで、糸谷に会心の一手が出た
糸谷は駒音高く、パンッと桂を叩きつけた
持ち駒になっていた桂を、端に打つ▲9六桂という、一点狙いの手
菅井の飛車をどかす、それだけの意味の手だったが、これがなんとも、対応しづらい・・・!

井上「はあ~ これは見えない手でしたね~ 私は一秒も考えませんでした
これは筋の悪い良い手ですね、筋のいい良い手はプロなら誰でも見つけられますから」

この桂で明らかに「パンチが入った」という状況になり、菅井はノックダウン寸前
井上「▲9六桂が好手でしたね~」
なんとか菅井、最善の対応で勝負手を放つが、糸谷は勝機を逃さなかった
強く踏み込んだ糸谷に、井上は感心
井上「糸谷は見切りがすごいなあ」

菅井の「最後のお願い」の攻撃を、確実に読み切って、糸谷は勝ち切った 
135手で糸谷の勝ち 長手数ながら、感想戦の時間が18分も余っていた これがいつもの糸谷将棋(笑)

井上「どっちが良かったかわからないんですけど、そうとう際どい局面になったんですけど、▲9六桂がすばらしい俗手で厳しかった」

横歩取りの超持久戦から複雑な戦い、難解だったな~(^^; 
菅井が感想戦でちょっと漏らしていたが、駒組みが飽和状態になり「どこが急所で何をやっていいものか」と、対局者ですらそう思っていたとのこと
菅井は玉を中住まいから右玉に移動させたことを後悔していた
▲9六桂を食らってから、粘ろうとしたけど、もう将棋の作りが粘れない形になってしまっていた
そこからもう逆転を許さないのも、さすがプロの将棋のレベルの高さだね

糸谷の▲9六桂、これはそうとう弱い人なら見つけられるかもしれない、という類の手だった
前から思っているが、「糸谷の桂の使い方」は、注目に値すると思う
糸谷が才能の片りんを見せつけ、快勝という内容だった