渡部 愛女流初段 vs 村田智穂女流二段 女流王将戦 1回戦
対局日:2016年6月8日
解説:伊藤博文六段
聞き手:香川愛生女流三段

毎週土曜に放送がある女流王将戦を、私が毎週火曜に感想を書いている

渡部愛(わたなべ まな)と村田智穂・・・ 特に何も思わない(^^;
解説が伊藤博文さん、この人で大丈夫か? 聞き手はおなじみ、香川さん

伊藤「渡部は居飛車党で終盤が強い印象、村田は居飛車党で粘り強い」
しかし、伊藤はこんな発言をする 
伊藤「どんな将棋になるんですかね? 私は居飛車党じゃないからわからないんですけど」
最初からそういうことを言うか

先手渡部で、▲居飛車vs△右玉の持久戦となった
伊藤「これは振り飛車ではないんですよね?」
右玉は「その他の戦型」というところか
伊藤は解説者なのに、聞き手の香川にさかんに聞いてくる作戦だ

雑談で、伊藤「関西では、小坂さん、桐山さんは一切人の悪口を言わない、あんなできた人はいない 僕は逆ですよ」
・・・もう伊藤さん、面白いんだか、めちゃくちゃなんだか(笑)

さて局面、渡部が一瞬のスキを突いて、果敢に攻めかかり、駒得を果たした
村田がさらにミスを重ねた感があり、渡部が駒得を広げる
渡部がハッキリ優勢だったが、渡部は自陣にあった飛車を取らせてしまうという手を指し、村田も元気が出たと思う

中盤までは伊藤の解説が冴えていたのだが、どうにも、終盤のせめぎ合いになって、伊藤が黙り込むことが多くなってきてしまった
聞き手の香川のほうがよく声が聞こえてくる・・・ もう~、伊藤さん、ちゃんと解説してよ~(^^;

伊藤は、画面上で対局盤しか映っていないのに、「こう、こう」と言って、意味不明(笑)
香川に符号を言ってもらい、フォローしてもらっている

渡部と村田、どっちも疑問手を出し合いという感じなので、こういう解説になるのも仕方ないのか?
右玉の特有の玉の広さもあって、何が最善手なのか、わかりづらい始末

渡部さん、馬をとても大事に、うまく使ったね
自陣鉄壁、寄せは確実にという手順で、村田の右玉を仕留めていた
ただ、村田が玉の逃げ方を間違えたと、伊藤は言っていたが・・・
129手で渡部の勝ち  渡部が終始リードをしての押せ押せだったと言えると思う

伊藤「渡部の踏み込みから、流れが良くなっていたんですけど、村田も終盤粘りが出て、ひょっとして逆転したかなと思ったんですけどね」
んー、でも渡部がとにかく駒得していたからなあ、逆転すれば番組的にも面白かったが(^^;
村田はまだこの右玉という戦法に慣れていないんじゃないかと思わせる疑問手が何か所か見られた
力負けなのでしょうがない負け方だと思う
(しかし調べたら、去年のこの棋戦で村田は清水を相手に右玉で会心の指し回しで金星を得ていた)

とにかく伊藤さんはクセがある・・・ 終盤、とりあえず、黙らずにもっとしゃべってもらわないとね 
あと一回、伊藤さんの解説を聞かないといけない(笑)