糸谷哲郎 八段 vs 渡辺明 竜王 NHK杯 2回戦
解説 中川大輔 八段

好カードだ  腕力自慢の糸谷に、2冠の王者渡辺  これはワクワクする

糸谷は2006年四段、竜王戦1組、B1 8回目の本戦出場
渡辺は2000年四段、A級、竜王・棋王の2冠を保持 15回目の本戦進出

解説の中川「糸谷は居飛車党の作戦家、ときに振る
序盤でリードを広げることを目指す、ただ粘りもすごい、時間攻めをすることもある
渡辺は本格派居飛車党、相手についていく  
後手番のときに作戦を凝らす傾向がある」 

事前のインタビュー
糸谷「渡辺さんには対戦成績も負け越しておりまして(渡辺8勝、糸谷4勝)、竜王戦を戦った相手
序盤から研究が深く、中終盤も力強い  序盤で作戦負けしないように創意工夫をして戦っていこうと思います」

渡辺「糸谷は早見え早指しで特にNHK杯では当たりたくない相手の1人
前回、何年か前に糸谷さんにはひどい目にあったので、だいぶ放送時間も余っちゃったと思うんですけど、今日はそうならないようにしたい、相手のペースにはまらないように気を付けたい」

先手糸谷で、渡辺が早々に角道を止め、持久戦になった
相矢倉での力戦に進む
中川「渡辺が角換わりを避けた、糸谷は乗っているときは相手がどんなに強くてもボンって突き放して勝ってしまうときがある」

渡辺が強硬策に出て、一歩損して攻めに出て、角交換になり、もう全く前例がない力勝負となっていった

すると糸谷が飛車をすーっと6八に振ってきて、6筋の攻めがもう受からないようだが? ありゃりゃ?
中川「ヘタをしたらいっぺんに糸谷の勝ちになる」
渡辺がまぎれを求めて戦線拡大、まだ始まって時間がほとんど経たないのに、すごいことになっている  
中川「もうただじゃ済まない、放送時間を気にしている場合じゃない」

番組開始からまだ22分というのに、決着しそうなぐらいの激しい展開(^^; 面白いな~
マジでこれ、渡辺、どうやって6筋を受けるんだ?と思って見ていると、なんと王手飛車の角打ちのラインで際どく受かっているとのこと!
ぐわー、これ、偶然じゃないんか(笑)  こんな受け方ってあるのか、予定どおりなのか?

そして中川「一時はどうなることかと思いましたが、落ち着いた」
あ、一気に決着とはならなかったか
相当分岐が多かったと思われるのに、2人ともまだ考慮時間を1回も使わないとは、なぜなんだろうか
実際、局後の感想戦では、いっぱい変化を考えていた

糸谷、渡辺陣を乱すべく、歩を2回、叩いて捨てたが、これを局後に後悔していた
その直後に、糸谷は千日手を狙うしかないという、ちょっと悲しい状況に・・・
しかし渡辺が「もう歩をもらったから今更、千日手は許さん」とばかりに打開
さっき、糸谷が2歩を捨てたのが効いてきたとのこと

渡辺の猛攻が始まり、中川「うわ、危なすぎるな、糸谷は大丈夫かなー」

そしてどんどん続く渡辺の攻め  もうどうにも止まらない~
こういう、「自玉が安全で、細い攻めをつなぐ」のをやらせたら、渡辺は棋界でもナンバー1なのではないか、と思うね
中川「パンチが入ってるように思えますねー」

糸谷も懸命に、延命策を模索する  
糸谷、どうにか勝負に持っていけないか、という手順だが、渡辺が逃してくれそうにない
気が付けば糸谷陣はバラバラ、玉は裸で無防備  一方の渡辺玉は無傷・・・
中川「渡辺、一連の鮮やかな攻めでしたね、寄せの筋に入っています」
うーん、この攻め、なかなかこう的確に指せるもんじゃない やはり渡辺は強い!

気が付けば、糸谷の持ち駒は「飛角角歩たくさん」 これじゃ受けれない・・・
中川「渡辺が途中で△2二玉と入った手が光っている、あの玉上がりはさすが」
いくばくもなく、糸谷が投了を告げた 114手で渡辺の快勝だった

中川「意外なところから戦いが勃発しまして、一時はどうなるかと思ったんですけども、6筋の揉み合いで渡辺が冷静に対処しましたね
強襲を見せながら、相手からの侵入をけん制しましたね
一段落したあと、△2二玉とさっと玉を上がった手が本局で一番印象に残る手でしたね
落ち着いて間合いを読まれてましたね」

私には、渡辺の攻めのうまさ、それがやはり強く心に刻まれたなあ
終盤、良くなってから手広かったと思うんだけど、最善と思われる手の連発で、相手をノックアウトしてしまう
最善を指さないと難しくなる局面から、いともあっさりと決めてしまう渡辺の強さ
渡辺はこうでなくっちゃね  いやはや、今回もお見事だった

糸谷は、考慮時間の使い方が失敗だったと思う
序盤がノータイムで飛ばし過ぎたと思えた  渡辺もノータイムだったから、つられたか・・・

最後は大差になったが、それも渡辺の正確無比な指し回しがあってのこと
人間どうしらしい一局で、面白かった  力戦は楽しい

渡辺は感想戦で「序盤が雑だった、勢いでこうなっちゃって」と言っていたが、それを指しこなす力量、頼もしい
まあ、コンピュータならこういう雑な序盤からのまとめかた、渡辺以上だろうな、とは思うが(笑)

あと、話題変わって、昨日、藤井聡太さんが四段になったということで、これから注目されるね  どんな活躍をするか、興味深いね