2007.12.14 ピアノの雑文
今回は将棋とは関係ない話です
このブログは、ピアノの鍵盤と音符が背景になっています
「なんでピアノ?」と思っている人がいてると思います
ただ単に、このブログを最初につくるときに、
手助けしてくれた友人Nが、テンプレートを自分に色々見せてくれた中で
一番見やすいレイアウトだと思ったからです
それだけの理由なんです 全然深い意味はないんです
将棋関係のレイアウトが見つかればよかったんですが、
作っている最中にそんな余力がなかったんです

今、自分が「お気に入り」に追加している中で、「CAMELのブログ」というブログがあります
CAMELさんという人は、24の有名人で将棋も四~五段と強く、
なんといってもとても面白い人で、私が24で最も尊敬している人です
そのCAMELさんのブログの背景も、今ちょうどネコがピアノを弾いている絵になっています
これは全くの偶然なんですが、うれしいですね
自分は昔、24の掲示板で「CAMELのシャレ研究室」というスレッドに投稿しており、
CAMELさんと知り合えたんです CAMELさんとの文章のやりとりは最高に楽しかったです

で、ピアノの話ですけど、自分は子供の頃、ピアノを3年くらい習っていたんですよね
ヤマハ音楽教室というところでした ところが自分は楽譜が読めず、曲を全部丸暗記して
弾いていたんですよね だから、楽譜が必要な曲になると、
もう全然太刀打ちできなくなりました 自分で弾きたい曲というのも特にありませんでした
それで、練習がイヤでイヤで、親に泣きながら頼んでやっとのことで、やめさせてもらいました
それ以来、10年くらいピアノは全く弾いていませんでした 

ところが、高校を卒業して間もなくの頃、尾崎豊の 「I LOVE YOU」という曲を聴きます
これが自分はすごく気に入り、どうしてもピアノで弾き語りをしてみたくなりました
そこで、<尾崎豊ピアノ弾き語り集>を買ってきて、毎日ずーっと練習しました
楽譜が読めないので、まず本の音符に全部ドレミファソラシドの音階をカタカナで
ひとつずつ書いて、読めるようにするというやりかたでした
すごく効率が悪いのですが、自分は「I LOVE YOU」
さえ弾けたらそれでいいので、このやり方でやりました
弾き語りなので、歌いながら両手で伴奏するわけです
手でやっていること自体は、ひとつひとつは割と単純なので、根気よく練習さえすれば
いつかは弾けるようになります
その結果、ついに「I LOVE YOU」が弾けるようになりました
原曲の伴奏ほぼそのままです
「街路樹」「太陽の破片」「ふたつの心」もついでに弾けるようになりました
もう毎日、これらの曲ばっかり弾いて歌っていましたね

ところが、それからまた10年ほどたった今、弾けるか、となると、
ほとんど全部忘れてしまっています(^^;
3年くらいして、もう満足して弾かなくなったんです
弾こうと思ったら、ボロボロになった楽譜を引っ張り出してきて、また練習しなければ
なりませんね でも、ピアノに関してはそんな感じで充分満足しています