熊倉紫野女流初段 vs 山口絵美菜女流2級
対局日:2016年6月9日
解説:塚田泰明九段
聞き手:村田智穂女流二段

毎週土曜に囲碁将棋チャンネルで放送されている、女流王将戦
火曜に私が感想を書いている  本局は本戦ベスト16の第6試合だ

今回は熊倉さんと山口さん 熊倉さんは知ってる、おだやかで感じのいい人だ
だけど、山口絵美菜さんというのは全然知らない まだ実績がほとんどない新人なんだね
なんでも京都大学の4回生だそうだ へ~
画面に映った山口さんの顔、前髪に隠れてほとんど見えない・・・ ガクッ

解説の塚田「熊倉は振り飛車党から最近居飛車党に変わった、攻め将棋
山口は四間飛車穴熊を得意とする、攻め将棋」

先手熊倉で、サクサクと相穴熊に進む  山口は、得意の四間穴熊だ
さばき合いになり、熊倉が駒得だが、歩の枚数と駒の働きの関係で形勢は難しいのか・・・
山口が指した手に塚田が称賛、おおー、いいねー

それにしても塚田はよく手がポンポン見えるなあ  攻めの手を解説させたらそうとうなもんだな
・・・と言いたいが、塚田、いかんせん、滑舌が悪いorz 8割くらいしか聞き取れない、どうにかしてくれー(笑)
リモコンに「字幕」というボタンもあるが、大盤で解説するときは字幕が出るが、対局者の盤が映って解説しているときには字幕がでない
それに字幕が邪魔で盤が見にくい 
塚田~、アナウンス学校に行ったらいいのに(^^; 
鈴木カンナちゃんが行っていたそうが、カンナちゃんみたいな滑舌がいい人は、もう行かなくていいんだよなー(笑)

局面進んで、塚田「終盤勝負」
熊倉にうまい手が出て、ちょっとリードか~ 
そこで出た、まだ詰みなんかまだまだ見えないという段階で、山口が角を見捨ててタダで取らせる、かなりの勝負手を出した!
これはすごい発想! こんなん成立してるか~?
塚田「え? え? こうやるもんですか? ん~? 独特ですね、振り飛車穴熊をよくやってる人の手ですね」

そして塚田「熊倉、食いつかれてしまった感がある」
おお、山口の、あの角見捨てたのが良かったのか?
塚田「壮絶な攻め合いになりましたね」
楽しいな~ ここからまだまだ楽しませてくれ~

が、しかし・・・ 塚田「山口、ここは金を引くと危ないですね」
と言ってたのに、山口は金を引いた!
塚田「や~、引いた! いや引くのは危ない」
するとそのとおり、熊倉の攻めが、一気にツボに入ってしまった
急転直下、山口の穴熊がみるみる崩壊し、投了に追い込まれてしまった  
107手で熊倉の「辛勝」といえるだろう 
山口は最後にも、「間違えたら許さん」という勝負手を出したけど、熊倉に的確に詰まされてしまったね
一進一退の好勝負だった

塚田「山口が角を見捨てたのが好発想で、優勢になれそうだったが、そのあとの攻め方をもうちょっと繊細にやれば優勢を保てたはず」

感想戦では山口の守り方よりも、攻め方に問題があったとのことだった

なかなか面白かったよ 相穴熊、私は何年か前まで、全然見ずに、消していたんだけど、今は面白く見れる
独特の食いつきが楽しいね

女流の対局の場合、解説者が的確な解説をしてくれるというのが、すごく大きいプラス材料だと思う
男子どうしの場合、もう何が起こってるのか解説者にも理解不能という場合があるからなあ

ここ2局、塚田の解説は良かった、滑舌の面を除けば(笑)
熊倉さんと山口さん、なかなかのレベルの好勝負だったと思う、充分に楽しめたよ