深浦康市 九段 vs 先崎学 九段 NHK杯 2回戦
解説 森内俊之 九段

注目の先ちゃんの登場! 私は結局のところ、プロ棋士の中で誰を一番応援しているかというと、この先ちゃんになるだろう
何しろ先ちゃんの書いたエッセイ本、ほとんど持ってて複数回、読み直してるからね
1回戦で見せてくれた、藤倉五段を圧倒した指し回し、あれは実にお見事だった
今回もカッコいいところを見せてくれるのか?

深浦九段は1991年四段、竜王戦1組、A級 24回目の本戦出場
先崎九段は1987年四段、竜王戦5組、B2 18回目の本戦出場

解説の森内「深浦は将棋も正確も着実、後輩から慕われている、研究家で粘り強さに特徴がある
先崎とは歳が同じ、先崎は将棋盤の上で人の思いつかないようなひらめきのある手を指しますし、将棋以外でも文筆活動やお話しなどでも定評があって、多才な棋士ですね」

事前のインタビュー
深浦「先崎さんは指し手が急所にくる感じで、非常に鋭いイメージがあります
色々振り回されるのかも知りませんけども、自分の将棋を指したいと思います」

先崎「深浦さんはすごい粘っこい将棋で、負かすのに骨が折れるタイプです
絶対あきらめないですからね、恐ろしいです
何ちゅうか、相手を何としてもあきらめさせるように、ギャフンと言わせたいと思います」

森内「先崎がいかに乱戦に持ち込むか」
事前の対戦成績は、深浦8勝、先崎4勝とのこと だがここ3戦、先崎が3連勝中とのこと

先手深浦で、ノーマル角換わりの相腰掛け銀になった
どんどん手が進む、編集してあるか・・・(^^;
森内「似たような形はあるが、この形は見たことがない」
という駒組みに進む え、こんな単純な局面が、もう森内でも知らないのか

攻め合いになった 
しかしこの後手の先ちゃんのほう、8一の桂は戦いに参加できない形で、こんなんでいいのか?
先ちゃん、「いやあー」とボヤいている
森内「どう先崎が手をつくるか」 というところ、先ちゃんは意表の飛車の動きで攻めかかる
森内「思い切った手ですね、どっちの攻めが速いか」

森内「先崎さんのネクタイ、目立ちますね」
聞き手の藤田「すごくオシャレなネクタイだなと思った」
森内「ハンドパワーですかね」
・・・白のジャケットに、派手な色のネクタイなんだけど、何、この柄は?
ネクタイでジャンケンでもしてるのか? 変だと思う(笑)

局面、一気の攻め合いに進んでいる  激しい将棋で、面白い
藤田「いやー、これは殴り合いですね」
森内「一つ一つの変化が詰む、詰まないに直結してますし、かなり読める局面ですね」
そろそろ終盤だというのに、まだ放送時間はたっぷり残ってる
まだまだ先が長いということか

深浦に気付きにくい手が出て、森内が称賛している
森内「おおー、これはすごい手ですね、勝ったら絶妙手」
まだまだ放送時間があるのに、森内「マラソンで例えると最後の一勝負」
先ちゃんが「いやあー」とまたボヤいている
これは楽しい一局だな

深浦の厳しい追求に、先崎「いやあ~、いやあ~、いやー、まいった、いやー、まいった」 
最近、対局中に何かつぶやく人というのも、めったに見なくなったが、先ちゃんは豪快だな~(笑)
先ちゃん、守りばかりを強いられ、追いつめられてる・・・
森内「声が出るっていうことは、あきらめてないっていうこと」
おー、なるほどな~ 先ちゃん、耐えろ~

そして手が進むと、なんと、森内「先崎にチャンスが来たんではないですかね」というではないか!
深浦、先崎玉を寄せきれず!
一気に反撃に移る先ちゃん 
森内「深浦玉が捕まりそうな気配になってきましたね」
おおーー、押せ押せだ~ いけいけ先ちゃん~

森内「後手の先崎としてはずいぶん楽になりましたね、局面は後手の勝ちになりました」
おおおおおーー、断言キター もらったーーー
森内「でもここであきらめる深浦ではないですから」

いやいや、これはさすがに勝てるだろう、もう負ける要素がなさそうだもん
先崎陣の8一の桂も、深浦玉の入玉を阻止し、見事にすべての駒が働いたなー、いや先ちゃん、良かったよ~
森内「この先崎の手は手厚い」
先ちゃん、自玉は安泰、相手の駒を取りながら攻めてる、勝った!

ところがところが!? なんか、先ちゃん、決め手を出せないでいる
ただ深浦玉を追っているだけ
手が広かったのはわかるけど、何かなかったかー?
森内「手こずってますね、ちょとあやしい・・・ またわかんなくなってきましたね
深浦の粘り強さはすごいですね、わけがわかりません」
ええええーーー?

先ちゃんは深浦の飛車を取って、飛車交換にしたのだが、深浦がド急所に飛車を打ち込んできた!!
森内「泥仕合になってきました、深浦恐るべしですね」
何この、深浦の飛車の絶大な威力!? 
わざわざ先ちゃんは飛車交換して、深浦にこの飛車打ちを指させてあげたようなもんじゃないか!

気が付けば、もう局面、全然先ちゃんがダメになってる
深浦の勝勢になってる  ・・・・なんでだああああああ
森内「深浦玉はすごい生命力ですね、この玉は捕まりませんね」
深浦玉は中段でずーっと空中遊泳

そしてついに、深浦が明快に先崎玉を詰め上げた 143手で深浦の勝ち
おおおおおおおーーーーいいい、なんでやねーーーーん

森内「2転3転の大熱戦だったと思いますね
先崎がはっきり勝ちだったところもあったと思うんですけど、深浦がものすごい粘りで決め手を与えず再逆転したということで、見ごたえのある大熱戦だったと思います」

この一局、私はショックを受けた
いったん勝ちが確定だと思ったところからの大逆転・・・ ギャフン!
全国の先崎ファンが「ギャフン」と言わされたこの内容、やはり私は先ちゃんのファンだったんだな、とあらためて痛感した

この一局を見た私の友人からメールがあり、「昔の大逆転将棋での矢崎滋を思い出した」と書いてあった・・・orz
せっかく深浦をここまで追いつめる棋力がありながら、最後を寄せそこなうドラマチックな終盤力・・・
「対局者2人が協力で寄せた」と思える先崎玉・・・ 先ちゃん、終盤のファンタジスタだね! 

もうどうしょうもないので、踊りを踊って終わりにしたい
「どうしてこうなった! どうしてこうなった!」  先ちゃん、さようならー