第16期 銀河戦
本戦Eブロック 3回戦
中村亮介四段 vs 松本佳介五段
対局日:2007年11月22日
解説:村山慈明四段
聞き手:古河彩子女流二段

若手四間飛車党の中村亮介が登場 対するは山田洋次アマに勝った松本
戦前の解説で村山の予想では、亮介の受けvs松本の攻めになるだろう、とのこと
その予想は的中することになる
先手亮介の四間飛車高美濃vs後手松本の居飛車銀冠穴熊に進む
序盤、こんな簡単に居飛穴に組ませてしまって、いいのかと自分は思った
早指しでの実戦的には、先手はかなり勝ちにくい展開になるだろう
それだけ亮介には受けに自信があるということか

先手のほうから▲5五歩と仕掛けた
ここから、この将棋は終始、手の読みよりも、局面に対する感覚が重要な将棋になった
新人王の村山の解説した手は、あまり当たらなかったが、手が広い展開だったので
それは仕方がない 自分の意見を言ってくれて、なかなかの解説だったと思う
中盤以降、後手が攻め切るか、先手が受け切るか、という将棋になる
実際は後手が喰らいついていたようだ
74手目、△3三角と上がるのが良かったとのこと
それと98手目、△2五歩に替えて△2五桂と跳ねる筋を感想戦でやっていた
これはもし指していれば面白い手だった
実戦は先手が受け切った こういう将棋はまず穴熊側が勝つものだと思ってみていたので、
先手が勝ったのは意外で面白かった 

それにしても、これは自分のことだが、昨日竜王戦をあれだけ見ていて、
今日、また将棋を見れるかなあと思っていたけど、先手が▲5五歩と仕掛けたあたりから
もうこの将棋を見ることにすっかりハマってしまった
自分の将棋好きも相当なものだと我ながら思った次第(^^;