屋敷伸之 九段 vs 佐藤和俊 六段 NHK杯 2回戦
解説 藤井猛 九段

昨日の日曜は、私はしんどくて寝ていて、NHK杯を観ることができなかった
この記事を書くのが一日遅れてしまった

屋敷と和俊ということで、屋敷の速攻vs和俊の振り飛車に期待していたのだが・・・

屋敷は竜王戦1組、A級 20回目の本戦出場
和俊は竜王戦2組、C2 4回目の本戦出場

解説の藤井「屋敷は一流棋士の地位で安定している、色々な手を指すので見ていて楽しみ
和俊は相当な実力者、振り飛車が多くて同じ振り飛車党としていつも注目している、クラス以上の実力者」

事前のインタビュー
屋敷「最近はあまりNHK杯で勝っていませんので、今日しっかりといい将棋を指していい終盤を迎えていい将棋にしたいと思っております、ご声援よろしくお願いします」

和俊「屋敷さんは最近は非常に独創的で攻撃的な作戦を練られることが多い印象ですね
前回NHK杯で対戦したときは、けっこう早い段階で悪くしてつらい時間を過ごしたので、今日は終盤勝負できるようにがんばりたいと思います」

先手屋敷で、▲居飛車vs△ノーマル三間飛車の対抗形になったと思っていたら、力戦模様になり、相中飛車になった
和俊は玉を(和俊から見て)左に囲い、▲ミレニアムvs△変形の雁木といった様相
藤井「私はこの玉を左に行く展開はあんまり好きじゃないんですよ」

(屋敷から見て)盤面左で戦いが起こった
藤井「屋敷は力戦相居飛車は俺のもんだ、と思ってるんじゃないですか」

藤井「屋敷陣にまとまりが出てきた、屋敷は達人ですね、少し屋敷が指せそう」
しかし、和俊も攻める  和俊は大駒が参加していない攻めなのだが、屋敷玉を上部から圧迫している
藤井「私が屋敷側を持っていたら大変です、和俊は攻めの棋風なのかな~」

そして、つながりだした和俊の攻め
藤井「屋敷は、おかしいな~、あれ?優勢だったのにな~、みたいに思ってるんじゃないか
こんなはずじゃなかったのに、と」

和俊は、飛車を取られることに構わずに攻撃を続けた  
と金を作り、さらに屋敷玉を上部から攻め立てる
和俊は駒得に目をくれず、上部からの攻めの種駒を増やしたのも印象的だった
屋敷、受けがきかず、粘れずにけっこうあっさりと潰されてしまった
104手で和俊の勝ち

藤井「途中までは自由自在な指し回しの屋敷がうまくやっているのかなと思ったんですが、和俊の攻めがなかなか振りほどけなかったですね、巧みな攻めをつなげて、屋敷の敗因がまだわかんないですけどね、和俊がうまく攻めた印象」

和俊の飛車を見捨てたのが好判断だったなあ
小駒だけで攻めがつながると見た和俊の大局観が良かったねえ
でもこういう相居飛車みたいな将棋になるとは・・・ 
屋敷の速攻銀も見れなかったし、藤井の解説も、笑いを期待したのだが、いまひとつだった(^^;
また来週に期待したい