広瀬章人 八段 vs 畠山鎮 七段 NHK杯 2回戦
解説 船江恒平 五段

2回戦最後の一局。広瀬とハタチンか。正直、広瀬のほうが格上なんで、ハタチンにがんばってもらって、盤上を盛り上げてほしい。

解説の船江「広瀬は闘志を内に秘めるタイプでいつもポーカーフェイスなイメージ。数年前までは四間飛車穴熊を主流にされていたんですが、棋風を大きく変えられて現在は本格派居飛車党。
畠山さんはとても男気あふれる方ですね。将棋のほうも妥協を嫌い直線的な手を好まれる印象があります」

事前のインタビュー
広瀬「畠山さんは関西を代表する正統派居飛車党。昨年と同じ2回戦でまた当たるということで不思議な縁を感じます。2回戦の最後に出てきてすぐに名前が消えると寂しいので、そうならないようにがんばります」

ハタチン「自分の心身をしっかり鍛えようと思いましてジョギングしたりダッシュしたりメンタル的な部分もちょっと意識して鍛えたり、そういうトレーニングをしています。広瀬さんには昨年も当たって負かされましたので、若い上位棋士ではあるんですけど、自分の意志や戦う姿勢をしっかり見せることができればいいなと思っています」

2人の対戦成績は、広瀬3勝、ハタチン1勝とのこと。

先手広瀬。序盤、淡々と角換わり相腰掛け銀に進む。観ていてハッキリ言ってヒマだ。
もっと解説を早く始めてほしい。なんで手が進むのを待っているのか、謎だ。

船江「広瀬はバランス型。ハタチンは攻め将棋」

双方、右の金が、自玉と逆へ行く形。▲4七金型vs△6三金型だ。広瀬から仕掛けて、戦いが続いている。
船江「中盤の難所。難しい中盤が続きますね。ここで引き離されては勝負にならないとみて」
お互いに考慮時間を同じように減らしていく。

ハタチンが広瀬の飛車を攻めたのだが、広瀬の飛車の逃げ場所がうまい。
そして広瀬は2筋の歩の取り込みに成功。
船江「これは広瀬としては大きいですね、すごくうれしいです」
これは広瀬がリードしたなあ。2筋を取り込んで、また手番が来てるね。

船江「広瀬はここでどう攻めるか。強引に2筋に銀を打ち込む? でもなんかちょっと反対側を・・・」
と言った刹那だった。広瀬が▲7一銀という手を放った。船江の直観、大当たり。
船江「あ、そうですね、そういう手をやってみたい」
ハタチンの飛車を攻める狙いだが、パッと見は、なんにもない空間に打ち込んだような手だった。

ハタチンは飛車を逃げざるを得ず、そこから広瀬の猛攻が始まった。ハタチン、なすすべなく、広瀬のパンチを浴びていく。
ハタチンの駒が次々に遊び駒になっていく。フラフラになったハタチンに、決め手のアッパーカットが跳んできた。広瀬の桂跳ね一閃、それをモロに食らうハタチン。
船江「気持ちいい手ですね、きれいな技が決まった感じですね」

以下、いくばくもなく85手までで広瀬の快勝となった。最後はすごい差がついた。

船江「中盤、非常に難しい戦いだったと思うんですが、広瀬がうまく攻めをつなげた。▲7一銀が非常にいい手でしたね。そこから一気に寄せの形を作りましたね」

広瀬の▲7一銀は拍手ものの妙手だった。パチパチパチ。

感想戦が18分あった。
ハタチン「▲7一銀は警戒していたんだけど・・・。中盤はこっちのほうが手が広い将棋になるんだよなー。相手に90分あげてもいいからこっちに1時間持ち時間が欲しい」

感想戦、初手からやらないでほしい。仕掛けのところから始めてほしい。
今回は▲7一銀を再現するところまで、行かずに番組が終わってしまった。
感想戦で▲7一銀という妙手を再現してほしかった。
野球番組だったら、ホームランやファインプレーをリプレイ映像で見せてくれるように、将棋では妙手を感想戦でもう一度、再現して見せてほしい。多くの人がそう思っているんではないか?

それにしても、本局の終盤、ものの見事に技がかかったものだ(^^;
広瀬が指した決め手の桂跳ね(▲4五桂)という手、あんなのプロではめったに実現しないよね。
ハタチン、あれを食らうか(^^; モロに馬取り+桂取りの手で、あれを食らうとは・・・。
2人の力の差が出てしまった感じで、ちょっと切なくなったくらいの技だった。うーん、ハタチン、無念。

さて、先週はNHK杯が休みで、本局は2週間ぶりの放映だった。
やはりNHK杯は面白い。ここのところ銀河戦を観ているが、NHK杯のほうが、指す側も意識が違うだろうし、観てる私も気合が入る。
将棋は「場の設定」が大事な競技だと思う。「NHK杯という場」でどうプロたちが戦うか、それが面白い。
プロ棋士のみなさん、これからもがんばってください。