棋士の一分 将棋界が変わるには
橋本崇載著 角川新書 800円+税  2016年12月10日初版
評価 B 
コンセプト<ソフトとの関わり合いと中心に、プロ棋界が抱える様々な問題を提議>

棋書レビューです。ハッシーがプロ棋界の現状を憂えていることを書いた本。
「まえがき」に、「憧れの職業から食えない職業、どころか蔑(さげす)みの対象にさえなりつつある」と書かれております。
私はこれには、笑ってしまいましたが(^^; ハッシーは正直でいいですね。

この本、私は序盤はメモしながら読んでいたんですけど、中終盤、なんだかメモを取るのがめんどくさくなって、取るのをやめました。
それというのも、ハッシーがどういう対象に向けて書いたのか、それがよくわからないんです。
この本は、ファン向けというより、むしろプロ棋士向けという感じを受けました。
連盟を改革しなきゃいかん、という話が、後半ずーっと続いているので、私は「そんなことを私に言われても、どうしようもない」と感じてしまいました。
なにかビジネスをしていて、組織を改革したい人向けの内容・・・とも言えるんですけどね。

ハッシーの活動でいうと、あのタッグマッチを中止に追い込んだのは、本当に大手柄でした。そのことについても、書いてあります。
もし連盟がタッグマッチを本格開催していたら、私はもうプロを見限ったでしょうから。

ただ、それ以外で具体的にハッシーが何か連盟を改革したという話はありません。
理事選に出たけど、落選してもう今後は出馬しないと書いてありますし。

将棋ソフトとの関係についてですが、ハッシーは「関わるな」というスタンスです。
でも、それは無理です。多くのアマチュアがもうガンガン活用してますから。
色んなプロ棋士がもう研究にバンバン取り入れてますから。
それで「プロとソフトは勝負は全くしない」って、それは不自然すぎるんですよね。

この本のタイトルにある「棋士の一分」という言葉。
「一分(いちぶん)」とは、面目、名誉のことです。
これは「武士の一分」という映画から来ているんですよね。
私は映画を観ました。主人公のキムタクがとてもかっこよかったです。それはなぜか? 主人公の妻を手籠めにした敵と決闘したからでしょう。
あれを、決闘せずに避けていたら、もう全然話になりません。
ハッシーは「ソフトと戦うな」、と言っている。でも今回の本のタイトルは「棋士の一分」。おかしいですね。
敵であるソフトと戦って見せてくれと言いたいです。

でもこういう本を書けるだけの知識や文章力があることは、素直に尊敬します。
ハッシーは10年後には将棋界に見切りをつけて、異業種で活躍していそうですね。ハッシーならそれができそうだと思いました。