私は約10年、NHK杯を記事にして感想を書いてきました。
今回は過去を振り返る、後ろ向きな記事になってしまいますが、まとめておきたいと思いました。
ここ10年間、NHK杯は面白かっただろうか?

もちろん人それぞれですけど、私の中で答えは、「YES」です。
「合格」のでっかい判子を押してあげたい。100点満点で言えば、90点はあげたい。

その理由は何か。聞き手?解説者?羽生が4連覇して活躍したからか?

と、ここから以下、訂正版です。
30年前は相矢倉がいかに多かったか、ということを書いたのですが、それが具体的な数字を棋譜DB2で調べてみると、それほど相矢倉の採用率が高くなかったことが判明しました。みなさま、すいませんでした。

棋譜DB2で調べてみると、30年前ごろのデータは以下のようでした。
調べ方の例 「NHK杯 1984 矢倉」と入力すると出てきます。
注・年の話であり、年度ではないです。

1984年 22局中、9局が矢倉
1985年 24局中、6局が矢倉
1986年 26局中、8局が矢倉
1987年 28局中、9局が矢倉 

急戦矢倉かどうかは調べていませんが、急戦矢倉も矢倉のカテゴリに入っています。
たしかに多いと言えば多いですが、相矢倉ばっかりというほどでもないですね。
私の「NHK杯がいつも相矢倉ばっかりでつまらなかった理論」が破たんしました(^^;
誤解を招く書き方をして、どうもすみませんでした。以後、こういう記事は棋譜DB2で裏付けを取ってから、書きたいと思います。気を付けます。