藤井聡太四段があまりに強くて、ベテランの棋士たちを圧倒している。
その姿は頼もしくもあるのだが、一方で、私のような30年来のファンは複雑な思いだ。
だって、今までずっと応援してきた棋士たちが、いいようにもてあそばれているのだから。

今まで私が観てきた棋士たちは、レベルが低かったということか?
14歳の中学生にボコボコにされちゃうなんて、さみしいなあ。
コンピュータに負けるのもショックだが、14歳に負けるというのも、またショックだ(^^;

約30年前の昔、羽生が出てきたとき、私は気楽に羽生を応援していた。
羽生がベテランの棋士たちに勝ちまくっていくのは痛快だった。
しかし今、もう私は「ベテランのファン」に達し、それぞれの棋士に「思い入れ」がある。
だから藤井四段が勝つことを素直に喜べない。
14歳にボロ負けした棋士は心中、どんな気持ちなのだろうか。

佐藤康光九段の口癖で、「将棋はそれほど簡単ではありませんから」というのがある。
しかし、藤井聡太四段の指しっぷりを観ていると、「将棋はそれほど難しくありませんから」と彼は言っているように思える。
14歳でこの完成度、恐るべしとしかいいようがない。