2017.04.30 今週のNHK杯
宮本広志五段vs藤井猛九段、解説は畠山鎮

相振りの相三間。藤井が作戦負けからの完敗だった。

10数分の感想戦が貴重で、藤井が何が悪かったか、自分で解説してくれた。
ハタチンの解説では全然不十分だったことが判明。
相振りが得意なプロが解説しないとだめだなー。

藤井をしてこの戦型での経験不足が敗因ということで、将棋は難しい。
藤井の緻密な序盤を期待していたのだが、今回は不出来だった・・・。
藤井は残念だったが、宮本が的確だったのが救い。宮本を初めて観たが、強かった。

追記・「将棋フォーカス」の詰将棋解答選手権の特集、藤井聡太くんがどんな問題を解いたかわかって、すごく面白かった。