あーーー、終わったかー。天彦側にチャンスなし。
事実上、天彦が穴熊に囲いに行ったのが敗着かと言われていた。
そこまで巻き戻らないといけないとは。

解説も変わったね。「ソフトの評価値がなぜ今その点数をつけているか」を解読するのが解説なんだね。
三浦が来て、楽しく話していた様子が見れたのは、良かった。ドワンゴ、ナイス人選。

終盤の変化で、後手が取れる8七の金を取らない手順、先手もその金を放置する手順が続いたところがあった。
それを解説していた中村太地が、ソフトの感覚には、ついていけないというたぐいの発言をしていたのが印象的だった。

プロは、序盤、中盤、終盤、すべてでソフトに上回られてしまった。あああーー。
プロの上回っているところといえば、投了が潔いことだけかな。
正直、プロとソフトが角落ちで戦ったら、どうなってしまうのか。

昨日は時代の転換点だと思う。とりあえずタイトルが一つ増えた。
今後のプロ業界がどうなるか、注目している。