上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第26期銀河戦 本戦Hブロック 2回戦 藤井聡太四段 vs 上村 亘四段
対局日:2017年9月22日
解説:佐藤慎一五段
聞き手:真田彩子女流二段

藤井聡太の登場。どこまで勝ち上がってくれるか。
対局日の9月22までの今年度の成績は、藤井は32勝6敗。上村は5勝9敗。

解説のサトシン「藤井は時の人で、実力もトップのものがある。上村は研究家」

先手藤井で、横歩取りになった。勇気流という形から、早々に飛車角交換が行われ、乱戦模様に。
サトシン「もう本には書いていない」

藤井が準王手飛車の技をかけたが、2歩を叩き捨てたために、歩切れになってしまった。
長考に沈む藤井。
サトシン「これだけ一方的に持ち時間を使うのは、公式戦で初めてじゃないか」
藤井はもう考慮時間に入っているのに、上村はまだ持ち時間を11分残している。
サトシン「いやー、この持ち歩の枚数の差、▲0枚対△5枚ですか。先手が自信がないように見えるが、どうなんでしょうか」

おいおいおい、持ち歩の枚数、圧倒的に差がついてしまったぞ。もう大ピンチに見える。
ここから逆転ってあるのか? 藤井~ 頼む~ まだ2回戦でコケないで~。

しかし現実は非情。サトシン「これは緊急事態」「かなり後手優勢」
そして、藤井の勝負手も、的確に上村は対処していった。プロならもう逃さないというくらいに差がついてるのがわかる。

88手、藤井が頭を下げた。藤井、投了。ぐあ、だめだー。
サトシン「上村の研究が当たった。藤井は終始歩切れが痛かった。準王手飛車をかけたのがどうだったか」

もう、ずいぶん最初のほうまで、35手目のところまで、勝負所がさかのぼって感想戦が行われていた。
藤井「本譜は一番ひどい順に行ってしまった。お話にならなかった」

・・・藤井聡太、負けちゃった。まあ負けるのは仕方ないんだけど、内容が悪かった。
見所っていうのがあんまりない将棋になってしまったのが非常に残念だ。藤井を観たくて囲碁将棋チャンネルに加入しているのにorz ああああー。歩切れがひどく、藤井の自爆という内容。オーマイガッ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。