以下をコピーして、kifu for windowsに張り付けてご覧ください。
対局後に激指14で検討させています。

開始日時:2018/09/10 22:54:49
棋戦:レーティング対局室(早指し2)
先手:Gizumo(1745)
後手:Hefeweizen(3193)

▲2六歩
*振り飛車党の電脳棋士、Hefeweizenさんに教わるぜ!
*先手ゲットーーー!
△3四歩 ▲2五歩
*もちろん私の作戦は、振り飛車破りの居合抜き超速だ!
△3三角 ▲4八銀
*カモーン、振り飛車!! 振って来い!!
△3二銀
*いったんこちらの様子をみたか。
▲3六歩
*こっちはとにかく居合抜き超速だ。
△8四歩
*げえっ!!! まさかの居飛車? コンピュータが誤作動したのか?
▲3七銀 △8五歩
*うわあ、ホントに居飛車だよ。まあここから振るってこともあるかもしれんが・・・。
▲7八金 △4四歩
*んー、ここから後手が振るってことがあるんかな?
▲6九玉 △4三銀 ▲6八銀
*まだ後手が居飛車か振り飛車か決まらない。ここから後手は陽動振り飛車もあるところ。
△3二金
*これで9割がた、後手は居飛車だ。
▲7九玉 △5二金
*後手は100%居飛車に決定。おいおい、これはもう居合抜き超速、の勝利と言ってもいいんじゃないか?だって振り飛車党に、振るのをあきらめさせたんだから(^^;
▲7六歩
*ここを突くかどうか、非常に迷った。△8六歩から、横歩を取られることになりそうだから。かと言って、いつまでもここを突かないわけにもいかないだろう。
△8六歩
*やはり来たか。
▲同 歩 △同 飛
*激指14の評価値は、ここでは0で全くの互角とのこと。
*次の私の一手が波紋を呼んだ。
▲4六銀
*なんということもなさそうな手だが・・・。
*深い読みの裏付けなしに、指してはいけない手だったのだ。
△8八飛成
*どかーーん!! な、なんじゃこりゃーー?? 1秒も考えなかった・・・。
*激指14の検討モードPro+3は、候補手9種類の手の中にこの飛車切りが入っていない。
*Hefewizenと激指の違いが出ている。
▲同 金
*▲同玉は△4五歩で簡単に悪くなるので、仕方なし。
*もう早くも先手の負けかと思いながら指していた。しかし、激指検討モードPro+5は評価値+74で互角と判断している。もちろん指してるときはそんなこと私にはわからない。
△8七歩
*うむ・・・ それが厳しいのだろうね。
▲同 金 △4五歩
*来たね。
*ここは試案のしどころだ。
*何か手はないのか。このままボロボロに崩されて負けか?
*しかし次の手は私は力を見せた。自分で言うか(^^;
▲8五飛
*これはなかなかの勝負手。力がこもっている。
*後手には歩がない。
△4六歩
*△9二角と打つような手も予想していたが、飛車を成らせてくれるのか。
*それならこっちもまだやれるのではないか?
▲8一飛成
*とりあえず、完封試合はまぬがれたようだ。飛車が成り込めて、気持ちいいぞ。
△9九角成
*おいおい、7一の銀を放置?取らせてくれるのか。私の経験からして、これはけっこうな勝負になってる感がある。
▲7一龍 △4二玉
*ここ、激指はまだ全くの五分との評価値。
*次の手が私が本局で一番力を見せた手だった。
▲4六歩
*やりたい手はいっぱいあるが、じっと手を戻して、相手に「そちらはどうやってきますか」と訊く、落ち着いた一手。激指もこれが最善との判断。
△9八角
*さすがに後手は強い。しかしここでは激指はまだ全くの互角と判断している。
*この次の手でついに私が間違えてしまう。
▲7七金
*これが疑問手で敗着。一気に-660ほどになってしまった。正解は▲8八歩と受けるのがいいとのことだ。
*ああーー、全く考えなかったな。▲8八歩ならむしろ評価値+81だと激指。
△8九角成
*▲8八歩なら全然展開が違っていた。本譜はこの8九の馬が先手陣を大暴れした。
▲6九玉 △6五桂
*かさにかかって攻める後手。まあ~、ここからは強いわ(^^;
▲6六金 △7七桂成 ▲4一銀
*思い出作りの銀打ち(笑)
△7八馬 ▲5八玉
*▲5八玉と逃げても▲5九玉と逃げても、評価値は大差ない。もうどう逃げても-1000ほど後手優勢。
△6八成桂 ▲4七玉 △6九馬
*ここはちょっと迷った。合駒に桂を打つのでは、楽しみが全くなくなる。
▲5八桂
*しかし打ってしまった。まあ▲3七玉と逃げても△4七銀とからみつかれて、だめなのだ。
△同成桂 ▲同 金 △4九銀 ▲5二銀成
*思い出だ、思い出だ(^^;
△同 銀 ▲4四桂
*念願の両取りだぞー。
△5八馬
*ここから先は一直線に詰むだけであった。
▲同 飛 △同銀不成 ▲同 玉
*手駒には困らない後手。
△2八飛
▲4八銀 △6八金 ▲4七玉 △3八銀 ▲5六玉 △5四香
*ここで▲5五金打と合駒しても、△6四桂から詰み。
▲4五玉 △2五飛成
*はい、おつかれー。合計の消費時間は私が7分53秒。HeFewizenが7分22秒。結果は当然のように負け。
*しかし、中盤の▲8五飛から、相手に手を渡した▲4六歩という落ち着いた手。この2手で見せ場は作ったと思う。
*そもそもHefewizenに振り飛車をさせなかったというのが収穫だった。
*たしか40人ほどが観戦していたが、見られる中で指すのは楽しかった。
*これが私にとっての電王戦というべき一局だった(^^;
まで68手で後手の勝ち