将棋「初段になれるかな」会議
著者 高野秀行(プロ六段) 岡部敬史(ライター) さくらはな。(漫画家)
扶桑社新書 920円+税 2019年1月1日第1刷発行
評価 B  推奨棋力 ★☆ (初級者向け)

この本はタイトルに「会議」とある。そして帯に「シンプルに強くなる方法、みんなで考えました」とある。
だから、私は「どういう勉強法をすれば、初段になれるのか、アマとプロが集まって侃侃諤諤(かんかんがくがく)」、議論した本なのだろう」、と思って購入。
ところが実態は違っていた。一言でいうと高野プロの意見ばかり。高野プロの手筋講座と言ってもいいような内容だった・・・orz

聞き手のアマ2人は将棋ウォーズ3級と1級程度の腕前なのだが、この人たちは高野先生の生徒と言うべき役割。
高野プロのアドバイス集とでも言うべき内容となっている。どこが「会議」なのか。「議論」になっていない。タイトルを「高野教室」にしたほうがいい。

まあでも、悪い本ではないのだ。丁寧な解説で、これからアマ初段を目指す初級者が、読むと参考になると思う。
きちんと愛情をもって書かれた本であることは確か。「詰みより詰めろを意識」とか、「差がないときは攻め急がない」とかいうアドバイスは的を得ていると思う。プロが指すような横歩取りの戦型は、高野いわく「やっちゃいけません、あんな難しいの」というのは私も同意だ。

ルールを覚えた次に読む本がなかなかないが、その隙間を埋める本として存在意義がある。
読みやすさは二重丸。きちんと作られた本なのに、タイトルのつけ方でもったいないことをした。