本戦Eブロック 9回戦
藤井聡太七段 vs 行方尚史八段
対局日:2019年4月19日
解説:大石直嗣七段
聞き手:伊藤沙恵女流二段

今回から、銀河戦の藤井聡太の対局を、感想を書いていきたい。
先日レビューした本、「藤井聡太の鬼手」で感動したので、ちょっと私に記事を書く気がわいてきたのだ。

藤井聡太は現在Eブロック4人抜きで、すでに最多連勝者となり決勝トーナメント進出を決めている。
4人抜きの内訳は、佐藤慎一六段、阿部健治郎七段、近藤誠也五段、畠山鎮七段にそれぞれ勝った。
ここからはもう負けても決勝トーナメントには出られるので、藤井としては気楽な対局の部類に入る。

今までの4局、特に藤井が不利になった場面はなかったのではないかと記憶している。
安定した勝ち方をしてきているように思う。私はここまでボーっと観ていて、あんまり記憶もないので申し訳ない。

さて本局。昨日の火曜の午後8時から放送があった。
解説の大石「藤井は、本人のもっともっと上を目指したい気持ちが伝わってくる。
行方は、昨年銀河戦で準優勝で惜しかった。秒読みになってから強い。お互い居飛車の本格派」

先手藤井で、角換わりかと思いきや、早々に行方が変化した。藤井の▲7七角をとがめるべく、行方が早繰り銀に出たのだ。力戦となった。行方の作戦がどうなるか注目だ。

そうほう居玉のまま、戦いに突入。角と銀桂の2枚換えで、藤井の駒得だが、まだ形勢は難しそう。
大石「勢いは行方のほうにある」 という解説だったのだが・・・

行方、自玉の玉頭に成桂をわざわざ作らせるという強手を出した。
しかし、急所に成桂ができたのは、やはり痛かったようだ。かさにかかって藤井が攻めて来る。
居玉だった行方陣、薄いし、受けるにも持ち駒もない。
藤井の飛車にドカンと成りこまれ、必至がかかった。 ♪ハイ それま~で~よ~
で、なんと67手の短手数で藤井の勝ち! 

えええええーーー これで終わりかー なめちゃん、もっと粘ってよ~ 67手ってなによ~orz もう終局・・・

大石「華々しい内容の濃い将棋。藤井が切れ味を見せた」
えええーーー 内容、濃いか? いやーーー これは・・・ 行方・・・

藤井には一手のゆるみもなかったのではないか。完勝だった。
感想戦で、行方「2枚換えではダメとしたもの」
20分くらいあった感想戦で行方は懸命に互角に戦える順を探していたが、見つからず。
もうね、早繰り銀の作戦自体、だめなんじゃないの。7手目の▲7七角をとがめるなんて無理なんだろう。
だからみんなは普通に角換わりに進むわけで。

行方の研究手順を完璧に打ち破った藤井聡太、その序盤戦術のレベルの高さを見せつけた。
あああー、もっと終盤のねじりあいを見たかったが、もうしょうがない。次に期待。
行方といえばトップクラスの棋士のはずなのに、藤井にかかればボロ負け・・・(^^;
今回の藤井の強さ、それは24に常駐しているソフト、JKishi18gouを思わせた。無駄な手がなく、とにかく終局が早いから。
藤井の底力を発揮させる棋士に登場してほしい。藤井の鬼手が見たいのだ。
次の相手は阿久津八段。放送は一か月後くらい。それに勝てば豊島三冠と当たる。