銀河戦 決勝トーナメント
1回戦 第6局 藤井聡太七段 vs 久保利明九段
対局日:2019年7月9日
解説:三浦弘行九段
聞き手:中村真梨花女流三段

銀河戦に藤井聡太が登場。対するは難敵の久保。楽しみな一戦。

解説の三浦「藤井七段は将棋界を背負って立つ逸材。銀河戦でも、いつ優勝するかというファンも多いでしょう。
久保九段は振り飛車党の大家としてA級で活躍している」

先手藤井で、誰もが予想したとおりの対抗形。久保の角交換四間飛車となった。
三浦「角交換四間飛車は、千日手ならOKな後手番で特に有効」
▲矢倉の途中vs△銀冠(金が一枚の形)。

久保から角を打ち打開、角を見捨てる強襲に出る。
戦い合った結果、まったく駒の損得がなく、双方持ち駒を増やしての終盤へ。

藤井の手番でどう相手玉に迫るかという場面、藤井は攻めに金を直接打ち込み、角も打って使ってみたのだが、どうも響きが薄い。
久保が反撃してきて、藤井の角が狙われるというハメに陥った。
私は、でもまだまだ、藤井だから大丈夫・・・と思っていたのだが・・・。

久保の攻めvs藤井の受けという長いやりとりが続いたが、久保が馬切りの強襲をしてきて、一気に緊張感が高まった。
三浦「藤井の陣形が弱すぎる。久保陣に詰めろがかからない。藤井の終盤力が活きない展開」

一方的に追い詰められる藤井玉。
もうだめだ、こりゃ終わった・・・と思われた。しかし、藤井は見せ場を作る。
玉を入玉模様で粘る藤井。まさかの逆転か!
聞き手のマリカ「最後の最後まで目が離せないですね、もう寄ってしまうかなと思ってました」

藤井、ここから逆転しろ~、耐えて入玉を果たせ~、と祈る私。
しかし現実は非情だった。久保の落ち着いた寄せ。桂を3枚、一段目に並べる、うまい構想。
久保の終盤力の前に、藤井は屈した。146手で久保の快勝に終わった。

三浦「藤井七段が少し指せる局面もあったと思うんですけど、もしかしたら緩手があったのかも。逆転してからは久保が見事に勝ち切った」
・・・三浦をしてもどれが悪かったか、わからないという将棋だった。もちろん私にはどれが疑問手だったか、わかるべくもない。
三浦の解説、歯切れが悪かった。残念だ。正直、どうにも眠くなった(^^;

中盤、藤井が先に金得したので、それで藤井が形勢が悪いということはないはず。
藤井としては、めずらしく、中盤以降に、攻めの構想が描けなかったようだった。

藤井は最後に粘りは見せたものの、全体的に、力勝負で力負けという内容だった。ガクッ。
ただし、115手目、藤井の▲7四桂の歩頭桂は印象に残った。すぐタダで取られる桂だが、入玉への望みをつないだ根性の一手だった。
ああーー銀河戦で藤井が消えた。アッチョンブリケ。